このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

学校情報

学校の沿革

昭和47年 4月 市原市立若宮小学校新設開校(10学級、253名)
    10月 落成開校式典挙行(10/9・開校記念日とする。)
昭和50年 3月 2階校舎落成(第2校舎・普通教室6、特別教室2)
昭和52年 7月 プール竣工
昭和53年 3月 屋内運動場落成
昭和54年 3月 2階校舎増築(第2校舎・普通教室4)
昭和55年 3月 プレハブ仮校舎2教室増築 昭和56年3月まで使用
     4月 新入生増で32学級となる(最大)
昭和56年 3月 2階校舎増築(第2校舎・教室6)
     4月 許可学区の山木、能満、菊間の一部が正式学区に編入
     10月 創立十周年記念式典挙行
昭和58年 4月 教委より2年間の学力向上研究学校の指定を受ける。
昭和59年 1月 国語・理科 公開研究会実施(60.1 2回目の研究会)
昭和63年 4月 文部省「勤労生産学習」研究校の指定を受ける。
平成 元年 1月 「勤労生産学習」公開研究会を実施する。
平成02年 4月 市原市教育委員会より特色ある学校の指定を受ける。
平成03年 4月 市原市教育委員会より特色ある学校の指定を受ける。
      11月 創立二十周年記念式典挙行
平成05年 4月 市教委より「勤労生産学級」特色ある学校の指定
平成06年 4月 市教委より家庭教育学級開設の指定 指定期間2年間
平成07年 4月 日本体育・学校健康センターより交通安全教育推進地域事業、県教委より「学校安全」研究学校、市教委より「交通安全」研究学校の指定を受ける。
平成08年11月 交通安全推進地域事業研究報告会実施
平成09年11月 日本PTA連絡協議会より会長賞団体表彰を受ける。
平成10年 4月 県教委より適応指導推進校の指定を受ける。
平成11年1月 全日本交通安全協会より交通安全優良学校受賞
     11月 県知事より交通安全功労者千葉県知事表彰を受ける。
平成12年 4月 市教委より総合的学習・情操教育の指定を受ける。
平成13年 4月 市教委より総合的学習・情操教育の指定を受ける。
     11月 創立三十周年記念式典挙行
平成15年11月 市原市より地域貢献表彰を受ける。
平成17年 2月 ビオトープ鍬入れ式
平成19年 4月 特別支援学級1学級創設
平成20年4月 文部科学省「学力向上実践研究推進学校」の指定を受ける。
平成21年 4月 文部科学省の指定2年目「学力向上実践研究推進学校」
平成21年 9月 特別支援学級1学級増設
平成22年 4月 文部科学省より「新学習指導要領の円滑な実施に向けた教材開発、指導方法についての調査研究」の委託を受ける。
平成22年11月 「確かな学力の育成に係る実践的調査研究」公開研究会を実施する。
平成23年11月 「千葉県教育功労者(団体の部)」受賞
平成24年11月 平成24年度優良PTA文部科学大臣表彰受賞
平成27年 4月 「防災教育を中心とした安全教育」県教委の指定を受ける。
平成29年11月 県教委より学校健康教育優良学校(学校安全)を受賞
平成30年 4月 市教委より読書教育の指定を受ける。

学校の概要

 児童数 263名(2019年5月1日現在) 職員数 29名
 
 若宮団地は、旧菊間村菊間に属し、市原市八幡の東方1.5キロメートルに位置し、海抜11 mにある。南北900m、面積602,198平方メートル、戸数2,000戸の住宅地で、千葉県住宅供給公社により、昭和42年2月から土地買収と平行して、土地造成工事が行われた。 造成開発が進み昭和47年3月に第一期分譲がなされた。昭和50年2月、2丁目が第二期分譲されてほぼ完成され、首都圏各地から移住してきて、京葉工業地域、総武線沿線、東京方面に通勤している。
 学区は、団地内若宮1丁目~7丁目と周辺の山木、能満、菊間の一部から成っている。学校の位置は、団地のほぼ中央、3丁目の一角に作られた。学校の敷地は、昔の地名で市原郡菊間村字三本松と、市原郡八幡町山木字竹の尻という二つの地区が合わさっている。通学距離2.0キロメートル以内、一部児童を除き、全児童徒歩通学である。学齢児童の減少も止まり、横ばい状態にある。
 
 

校章

泰山木は、初夏の頃強い芳香をもった、6弁の純白の花を大空に向けて咲き開く常緑樹である。若宮小学校誕生にあたり、初代丸山校長先生は、この泰山木の姿を若宮小の象徴としてとらえ、この美しさを校章とすることに定めた。純白な花弁に象徴される誠実・純真、光沢のある厚い緑色の葉は、明朗・健康・強い意志を感じとることができる。これを若宮小の教育の基盤とすべく、この泰山木をデザインし校章と定めた。また、校木として、樹勢の弥栄なることを願いつつ、永久にこの校木を受け継ごうとするものである。

校歌

作詞 沢 田 繁 二
作曲 小 川 平 八

 1 白ばらの花 いちめんに
   咲いているよな 町の色
   みどりの風も 吹いて来て
   学校の門 通ります
   みんなの朝だ 元気よく
   楽しい今日を すごそうよ
   ああ 明るい その名 若宮小

 2 森の小鳥が 寄ってきて
    歌いかけます 広い窓
    肩をくみあい 輪になって
    平和な園を 作ります
    みんなの庭だ 若草も
    考えながら 伸びてゆく
    ああ かがやく その名 若宮小

 3 海のひびきは 遠ざかり
   姿かえゆく この郷土
   文化の流れ 受けついで
   明日の歴史を 築きます
   みんなの空だ 青く澄み
   雲は遠くで 呼んでいる
   ああ 幸あれ その名 若宮小

市原市立若宮小学校

 学校長  常澄 秀明 

 所在地  〒290-0006 千葉県市原市若宮3丁目13番地

 電話番号 0436-41-2364

 FAX番号 0436-42-2675

 E-mail wakamiya-e@koumu.ichihara-chb.ed.jp

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る