このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

ものづくり体験講座(平成28年度)

更新日:2016年10月13日

 8月6日(土曜)・7日(日曜)の2日間、「夏休み子ども体験講座(たいけんこうざ)」の第2弾、「ものづくり体験講座」を開催しました。
 このイベントは、遺跡から出土したものを素材として、ものづくりを体験し、子どもたちが本市の歴史を身近に感じるためのもので、今回で10回目を迎えました。
 午前は、(どろ)めんこと勾玉(まがたま)づくりを行い、午後は、網代(あじろ)かごと貝輪(かいわ)づくりを行いました。今年は、去年を大幅に上回る小学生(就学前児童含む)124名、大人81名の計205名に参加いただきました。
 終了後の感想では、親子ともども「体験できて楽しかった。また、やりたい。」という声を多数いただきました。今後も、内容をさらに充実させていきたいと考えています。

ものづくり体験講座のぼり
ものづくり体験講座のぼり

受付で、スタート講座のバッジをもらいます。
受付で、スタート講座のバッジをもらいます。

(どろ)めんこづくり

説明パネルを見学。泥めんこって何だろう?
説明パネルを見学。泥めんこって何だろう?

職員による実演。興味しんしんです。
職員による実演。興味しんしんです。

好みの型をえらびます。どれにしようかな?
好みの型をえらびます。どれにしようかな?

うまくできるかな?
うまくできるかな?

ボランティアスタッフによる泥めんこを使ったあそびの説明です。
ボランティアスタッフによる泥めんこを使ったあそびの説明です。

マトをねらって・・・
マトをねらって・・・

勾玉(まがたま)づくり

勾玉の形にけずっていきます。
勾玉の形にけずっていきます。

といしのカドを使ってけずります。
といしのカドを使ってけずります。

根気よくけずります。
根気よくけずります。

紙やすりで仕上げます。
紙やすりで仕上げます。

網代(あじろ)かごづくり

模様をどうやってつくるのかな?
模様をどうやってつくるのかな?

おやこで挑戦中。
おやこで挑戦中。

ボランティアスタッフが手を使ってわかりやすく説明。
ボランティアスタッフが手を使ってわかりやすく説明。

まわりを立ちあげました。
まわりを立ちあげました。

材料をこうごに編み込んでいきます。
材料をこうごに編み込んでいきます。

ふちをまきこんで整えます。
ふちをまきこんで整えます。

おやこで力をあわせてポシェット用のひもづくり。
おやこで力をあわせてポシェット用のひもづくり。

貝輪(かいわ)づくり

ボランティアスタッフによる説明です。
ボランティアスタッフによる説明です。

石を使って、貝のてっぺんをわります。貝の名前はベンケイガイ。
石を使って、貝のてっぺんをわります。貝の名前はベンケイガイ。

シカのツノを使って、穴をすこしづつ広げます。
シカのツノを使って、穴をすこしづつ広げます。

といしで滑らかにして、うでにはめても痛くないように仕上げます。
といしで滑らかにして、うでにはめても痛くないように仕上げます。

うまく、できました。
うまく、できました。

 また、来年会えることを楽しみにしています。

お問い合わせ先

埋蔵文化財調査センター
郵便番号290-0011市原市能満1489
電話:0436-41-9000 ファクス:0436-42-0133

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る