このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

いちはら埋文講座第3回(平成28年度)

更新日:2016年9月14日

テーマ

第3回 編組遺物(へんそいぶつ)から探る縄文(じょうもん)時代のくらし
-編組遺物研究からわかってきたこと-

概要

9月10日(土曜日)、第3回目の埋文講座を開催しました。
今回は、縄文時代の後期から晩期(ばんき)にかけて出土が多い、編組圧痕土器(へんそあっこんどき)を取り上げました。

平成28年度いちはら埋文講座第2回会場の様子
埋文講座第3回関連ミニ展示

 西広貝塚(さいひろかいづか)祇園原貝塚(ぎおんばらかいづか)北野原遺跡(きたのはらいせき)といった国分寺台遺跡群における縄文時代貝塚から出土する土器の底にプリントされた、かごやざるなどの痕跡である編組圧痕(へんそあっこん)に注目し、全国的にも例の少ない特殊なかごやざるを使っていることを紹介しました。
 また、比較遺跡として、市内北部にある菊間手永遺跡(きくまてながいせき)や、南部姉崎台地に所在する山見塚遺跡(やまみづかいせき)の編組圧痕土器を取り上げ、使用していたかご・ざるの差異や、その背景を考えました。
 次回は、
(1)国府ってなあに-国府についての基礎的な解説-、
(2)たくみの仕事を推理する-上総国分寺の出土瓦の整理作業から-
と題し、上総いちはら国府祭りに関連した時代をテーマにお話しします。
 開催は10月1日(土曜日)です。2本立ての中身の濃い講座ですので、ぜひ御参加ください。

お問い合わせ先

生涯学習部 ふるさと文化課 埋蔵文化財調査センター
市原市能満1489番地
電話:0436-41-9000 ファクス:0436-42-0133

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る