このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

いちはら埋文講座第1回(平成30年度)

更新日:2018年6月11日

テーマ

第1回
 「海保大塚(かいほおおつか)(なぞ)の六角形墳-」

概要

 6月9日(土曜日)に、今年度最初の講座を開催しました。
 今回は、昨年度に行った海保大塚の発掘調査の成果について、調査方法や考え方に触れながらお話ししました。関連ミニ展示には海保大塚の調査で出土した遺物と、古墳築造時期に関わる遺物を展示しました。
 講座では、海保大塚が地元で出羽三山信仰の場として現代まで利用されていたこと。六角形という古墳の形はきわめて珍しく、もし当初からの姿だとすると古墳時代終末期(7世紀)に築造された可能性があったこと。発掘調査の結果、出土遺物と周辺の遺構との関係から古墳時代前期末から中期初めに築造された可能性が高まったこと。これまで姉崎古墳群内の主要古墳の変遷に見られた空白を埋める存在と考えられること、などをお話ししました。

関連ミニ展示
関連ミニ展示

平成29年度いちはら埋文講座第2回会場の様子
平成30年度いちはら埋文講座第1回会場の様子

 次回は、「国府(こくふ)祭祀(さいし)稲荷台(いなりだい)遺跡に見る国府祭祀の可能性-」と題し、7月14日(土曜日)に開催予定です。ぜひご参加ください。
 
 時間:午前10時から正午
 定員:先着50名
 参加費:無料

 また、第4回(10月13日(土曜日))には、講師に山田俊輔氏(千葉大学准教授)を迎えて、今回の発掘調査成果と古墳時代をテーマにした講演を行います。こちらもご期待ください。

お問い合わせ先

生涯学習部 ふるさと文化課 埋蔵文化財調査センター
市原市能満1489番地
電話:0436-41-9000 ファクス:0436-42-0133

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

埋蔵文化財調査センター

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る