このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度いちはら埋文講座第3回

更新日:2017年9月13日

テーマ

第3回
 「「倭人大飢(わじんおおいにうえる)」の可能性 -気候変動と市原の弥生時代-」

概要

 9月9日(土曜日)に、埋文講座第3回を開催しました。
 今回は、古気候データを参考に、市原周辺の弥生時代社会の動向を考えました。関連ミニ展示では放射性炭素年代測定を行った弥生時代の炭化米などを紹介しました。
 講座では、古気候データによると今から約2000年前の弥生時代中期末から後期初頭にかけて広域で寒冷化したと考えられること。市原周辺での遺跡の分布状況が気候変動に対応して変化した可能性があること。2世紀後半の弥生時代終末期も寒冷期で、北陸南西部からの移住者の背景には気候変動の影響を推定できること、などをお話ししました。

関連ミニ展示
関連ミニ展示

平成29年度いちはら埋文講座第2回会場の様子
平成29年度いちはら埋文講座第3回会場の様子

 次回は上総いちはら国府祭り関連講座として、(1)「常陸国府跡の発見と調査成果」(講師:箕輪健一氏(石岡市役所))、(2)「更級日記「いまたち」について」(講師:山本勝彦氏(房総古代道研究会))、(3)「更級日記と上総国府について」(講師:和田律子氏(流通経済大学))の3本の講演を行います。
 9月30日(土曜日)に市民会館大会議室で開催予定です。ぜひご参加ください。

時間:午前10時から午後3時30分
 (1)午前10時から正午
 (2)午後1時から1時50分
 (3)午後2時から3時30分
 
定員:先着80名

参加費:無料

お問い合わせ先

生涯学習部 ふるさと文化課 埋蔵文化財調査センター
市原市能満1489番地
電話:0436-41-9000 ファクス:0436-42-0133

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る