電脳展示室
「貞観十七年」銘の墨書土器(じょうがんじゅうしちねんめいのぼくしょどき)
出土地:稲荷台遺跡(いなりだい)
遺跡所在地:山田橋(やまだばし)
遺構:竪穴住居跡
時代:平安時代

解説:直径約12.7cmの土師器(杯)で、筆と墨により、表・裏ともびっしりと文字が書かれた墨書土器です。
 まず外側を見ますと、「貞観十七年十一月廿四日」の日付を中心に「水」「鳥」「里」などの文字が書かれています。また、「貞観」の右側には「謹」の字が同じ方向に見られます。内側には円を描くようにして「月」の字がいくつか書かれています。
 書かれた年号「貞観十七年」は平安時代、西暦でいうと875年にあたります。房総では俘囚の乱がおこった年でもあります。この土器は、苦手な文字を練習するのに使われたようにも、日時を記して何かのおまじないに用いたようにも見え、性格がはっきりとは分かりません。世間の騒がしいなか、いったい、何を想ってこれらの文字は書かれたのでしょうか。
遺跡マップへ 関連情報へ