菅原孝標の女の家族(寛仁4年(1020) 上総国市原郡にて)
上総に下向した菅原孝標の家族
市原で4年間いっしょに暮らした、私の家族です
菅原氏について
菅原氏の略系図
 菅原氏は中央の貴族です。もともとは「土師」姓でしたが、古墳殉葬者のかわりに埴輪を作った功績で、天平年間に「菅原」姓を賜った、と伝えられています(『続日本紀』)。
 それ以降は需学者を輩出した家柄で、文章博士や大学頭などの学職を代々歴任しました。とくに菅原道真は政治家としても優れ、遣唐使の廃止などは良く知られています。道真は右大臣・右大将まで昇進し、政界のトップとして活躍しましたが、ライバル藤原時平の動きにより大宰府に左遷され、59歳で没しました。その後の菅原氏は、受領階層の中流貴族に落ち着きます。中世以降も儒学を家業として伝え、名実ともに学問の家を相伝していきました。
 
(系図で赤丸が付いた人は、孝標とともに上総国司館で生活した人です)
画像の人物か系図の名前をクリックしてくださいねどんな人か紹介します。
父 継母 兄 姉 わたし 実の母 夫 息子 父 兄 乳母 姉 私 継母 貅門y荳ュ