このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

生活再建に関する法律相談

更新日:2017年9月13日

弁護士による生活再建のための債務(借金)整理相談を実施しています。

市税・国民健康保険料を滞納している方で、消費者金融やカードローンなどの借金の支払いが多く、日々の暮らしに不安がある方を対象に、弁護士が無料で相談に応じます。
借金は放置しても解消せず、ますます暮らしが苦しくなります。信頼できる専門家への早めの相談が必要です。
相談を受けた弁護士は、貸金業者や、借金の期間、金額などを聞き取り、債務(借金)の負担が少なくなるような方法を助言します。
助言に納得できれば、相談を受けた弁護士と別途契約して、債務(借金)整理や民事再生、自己破産などの手続きを依頼することもできます(別料金)。

実施日

原則として毎月第3水曜日

平成29年度は、4月19日、5月17日、6月21日、7月19日、8月16日、9月20日、10月18日、11月15日、12月20日、1月18日(木曜日)、2月22日(木曜日)、3月22日(木曜日)に実施します。

実施時間

午前10時から午後4時までのうち、30分から1時間(正午から午後1時までを除く)

場所

市原市役所本庁舎内

注意事項

  • 予約が必要です。電話等でお申し込みください。
  • 事前に債権管理課でお話をうかがいます。
  • 税金の納付は国民の義務であり、借金の支払いよりも優先すべきものです。自己破産をしても免責になりません。また、滞納をすると延滞金がつきますのでご注意ください。

債務(借金)整理の方法

任意整理

債権者(貸金業者など)と個別に話し合いをして、借金の返済方法や金額を決めなおす契約をします。
債権者としても、債務者の生計(暮らし)が破たんして、以後の支払いが見込めなくなるよりは、ある程度減額されても支払いが継続する方が有利と見れば、整理に応じます。
個人で債権者と交渉するのは難しいため、弁護士など専門家の代理人による交渉が一般的です。

調停

簡易裁判所の調停制度を利用し、調停委員が債権者と債務者の間に入り立て直しを図る方法です。
双方の合意により、借金の返済方法や金額を決めなおす内容の和解をすることで解決を図ります。
調停が成立すると、裁判の判決と同じ効力を持ちます。
個人で申し立てをすることもできます。

個人再生

民事再生法に基づき、返済計画をたてて立て直しを図る方法です。
債務(借金)の一部の免除を受けられる場合や、住宅ローンを支払い継続し持ち家の処分を免れる場合があります。
個人で手続きをするのは難しいため、弁護士など専門家の代理人による申し立てが一般的です。

自己破産

地方裁判所への申し立て、決定を経たのち、破産管財人が債務者の財産(家、車、預金など)を処分して、債権者への支払いに充てるかわりに、残りの債務(借金)が免責されます。
個人で手続きをするのは難しいため、弁護士など専門家の代理人による申し立てが一般的です。

過払い金返還請求

法定利率を超える高い利率で利息の支払いをしていた債務者は、払いすぎた利息の返還を求めることができます。
平成18年以前から消費者金融などに債務(借金)があった場合は、過払い金が生じていることが多いとされています。ご相談ください。

お問い合わせ先

財政部 債権管理課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 市役所2階
電話:0436-23-9852 ファクス:0436-23-9709

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る