このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

柔道整復師(整骨院・接骨院)の正しいかかり方

更新日:2015年1月16日

 整骨院や接骨院の柔道整復師は、医師ではないため、国民健康保険証が使用できる範囲が限られています。保険証が使用できない場合、施術料は全額自己負担となります。柔道整復師の正しいかかり方を理解し、適切に受診してください。

保険証が使用できるとき

〇外傷性の捻挫・打撲
〇挫傷(肉離れなど)
〇骨折・脱臼の応急手当て(応急手当後の施術には医師の同意が必要)

保険証が使用できないとき

〇慢性的な肩こりや筋肉疲労
〇スポーツによる筋肉疲労・筋肉痛
〇脳疾患後遺症などの慢性病や、症状の改善がみられない長期の施術
〇病気(神経痛、リウマチ、五十肩、関節炎、ヘルニアなと)が原因の痛みやこり
〇保険医療機関(病院、診療所等)で同じ負傷等の治療中のもの
〇労災保険が適用となる仕事中や通勤途上での負傷

柔道整復師の施術をうけるときの注意点

1 負傷の原因は正確に伝えましょう

 どのような原因で負傷したかを柔道整復師に正確に伝えてください。外傷性でない場合や、負傷原因が労働災害の場合は、保険証が使えません。

2 療養費支給申請書の内容を確認してから、委任欄に署名しましょう

 柔道整復療養費の支給は、患者は窓口で自己負担分を支払い、残りの費用は、患者に代わって柔道整復師が国民健康保険に請求できる「受領委任」が認められています。この場合、「柔道整復施術療養費申請書」の受取代理人欄への署名が必要です。
 申請書に記載されている負傷原因、負傷名、日数、金額などが間違っていないかよく確認してください。

3 領収書は、必ず受け取りましょう

 領収書は必ず発行してもらいましょう。もらった領収書は、保管しておき、医療費通知の金額と日数を確認しましょう。

施術内容についてお尋ねすることがあります

 国民健康保険を使って柔道整復師の施術を受けた場合は、後日、施術日や施術内容などについて、文書にてお尋ねする場合があります。施術の記録や領収書などを保管していただき、回答いただけますようお願いします。

お問い合わせ先

保健福祉部 国民健康保険課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎1階
電話:0436-23-9804 ファクス:0436-24-8620

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る