このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

食品ロスを減らしましょう

更新日:2017年9月20日

食品ロスとは?

「食品ロス」とは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品を言います。
日本では年間621万トン※の食品ロスが発生しており、これを一人当たりの量に試算すると、
一日に茶碗一杯分の食品を廃棄していることになります。
※農林水産省及び環境省「平成26年度推計」

食品ロスを減らすためには

食品ロスを減らすために、私たちができることは何でしょうか。
身近なところでできる工夫をいくつか紹介します。

(1)食材を無駄にしない
買い物の前に、冷蔵庫の中身を確認し、買いすぎることのないようにしましょう。
また、調理の際、野菜や果物の皮を剥きすぎないようにしましょう。

(2)残った料理は他の料理に活用する
もし、料理が余ってしまったら、他の料理に活用できないか考えましょう。

(3)「消費期限」と「賞味期限」を正しく理解する
食品の期限表示には、「消費期限」と「賞味期限」の二種類があり、
その違いは以下のとおりです。

消費期限・・・安全に食べられる期限
賞味期限・・・おいしく食べられる期限
※どちらも表示されている保存方法に従って適切に保管した場合

賞味期限が切れたからといって、すぐに食べられなくなるわけではありません。
においや味、色などを確認して異常がなければ、また食べることができます。
食べられるかどうか、自分で判断することも重要です。

(4)外食の際、食べきれるメニューを注文する
外食時に注文するとき、ハーフサイズや少量メニューなどを活用し、
食べられる量のメニューを注文しましょう。

関連情報

新規ウインドウで開きます。食べ物のムダをなくそうプロジェクト(外部リンク)

食品ロスの削減のための消費者庁のページです。

お問い合わせ先

経済部 商工業振興課 消費生活センター
市原市五井中央西1丁目1番地25 サンプラザ市原2階
電話:0436-21-0844 ファクス:0436-21-0899

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る