このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市原市危険ブロック塀等の安全対策事業のご案内

更新日:2018年10月1日

ブロック塀は、プライバシーの確保、防犯や防火など私たちの生活を守るために役立っています。しかし、きちんと施工されていない場合や老朽化している場合、地震などが起きた際に倒壊し、通行人への危害、避難や救援活動が困難になる可能性があります。
市では指定通学路に面して設置された倒壊等の危険があるブロック塀等(危険ブロック塀等)の撤去を進めるため、予算の範囲内で費用の一部を補助します。

補助概要

1.補助対象事業

補助対象は、指定通学路に面する危険ブロック塀等に対し、次のいずれかを行う場合に限ります。
1.危険ブロック塀等の全部又は一部の撤去
(一部を撤去する場合は、撤去されない危険ブロック塀等の安全性が確保できると市長が認める場合に限る。)
2.危険ブロック塀等の全部又は一部の撤去に付随して新たなフェンスの設置

※危険ブロック塀等とは、市内に存する高さ1mを超えるコンクリートブロック造、石造、レンガ造、これらに類する構造の塀、門柱及びこれらの基礎、並びにコンクリートや間知石等からなる擁壁です。

補助対象となるブロック塀等は、次の条件に該当するものです。
・指定通学路に面して設置された危険ブロック塀等であること
・職員が現地調査を行い、「倒壊等の危険がある」と評価されたものであること
 (すでに撤去してあるものは補助対象外となります。)

2.補助金の額

危険ブロック塀等の撤去に要する費用の一部
【撤去補助】
長さ1mあたり5,700円で算出した額、または実際の工事費のいずれか低い額とし、限度額は100,000円
【フェンスの設置補助】
長さ1mあたり10,900で算出した額、または実際の工事費のいずれか低い額とし、限度額は150,000円

3.補助を受けられる方

補助金の交付を受けることが出来る方は、市内に存する危険ブロック塀等の所有者です。
ただし、以下に該当する場合は補助金の交付を受けることが出来ません。
 ・補助金の交付決定前に工事契約及び工事着手を行った場合
 ・市税を滞納している場合
 ・補助対象事業に要する経費の全部又は一部について、同様の補助金、助成金
  を受けている場合
 ・土地または建物の販売を目的としている場合
 ・自己が所有しているものを自ら工事しようとする場合
 ・暴力団員及び暴力団密接関係者が関与する場合
 ・その他市長が不適当と認める場合

4.補助を受ける際の注意事項

交付の申請を行う前にあらかじめ事前相談し、補助対象になるか確認が必要となります。
「事前相談書」に必要事項を記入し、「案内図」、「現況図」、「写真」を添えて
建築指導課の窓口に提出してください。

5.申込みについて

平成30年度の補助予定件数は50件となります。
先着順に申込みを受け付けます。予算に達ししだい締切りますので、ご注意下さい。

ダウンロード

申請書等(PDF版)

申請書等(Word版)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

都市部 建築指導課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎3階
電話:0436-23-9840 ファクス:0436-21-1478

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る