このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

特定既存耐震不適格建築物等耐震診断事業補助金交付制度

更新日:2015年11月24日

特定既存耐震不適格建築物等耐震診断事業補助金交付制度の概要

市では、災害に強いまちづくりを促進するために、防災上重要な建築物(病院、学校等)や多数の人が利用する建築物(共同住宅、店舗等)の耐震診断を行う場合にかかる費用の一部に補助金を交付します。

補助対象建築物

  • 市内の民間建築物であって、以下に該当するものとします。ただし、昭和56年5月31日以前に建築確認を受けたものに限ります。
  1. 多数の者が利用する一定規模以上の建築物
  2. 災害時に利用を確保する必要のある建築物(要安全確認計画記載建築物)
  3. 災害時に道路閉塞させる建築物(通行障害既存耐震不適格建築物)
  4. 階数が3以上で、かつ、床面積の合計が1000平方メートル以上の分譲マンション
  5. 町会集会施設
  6. 災害時、安全性を緊急に確かめる必要がある大規模な建築物(要緊急安全確認大規模建築物)

 

  • その他市長が地震による倒壊を防ぐため、耐震診断をすることが特に必要と認めた建築物。

補助対象建築物詳細

1、用途と面積、階数等が重要となる建築物。

2、災害時に利用を確保する必要のある建築物(要安全確認計画記載建築物)
「千葉県耐震改修促進計画」又は「市原市耐震改修促進計画」で定められた大規模な地震が発生した場合において、その利用を確保することが公益上必要な建築物です。

3、災害時に道路を閉塞させる建築物

道路と建物の高さが重要となります。前面道路が12メートルを超える場合、幅員の2分の1を超える建築物か、前面道路が12メートル以下の場合高さが6メートルを超える建築物が対象となります。

※上記の道路とは、「千葉県耐震改修促進計画」又は「市原市耐震改修促進計画」に記載されたものです。

4、災害時、安全性を緊急に確かめる必要がある大規模な建築物(要緊急安全確認大規模建築物)
耐震改修促進法附則第3条で定める建築物です。

5、町会集会施設
会議又は集会に必要な機能を備え、市が認定した町会が設置・管理する施設です。

6、その他
ピロティ等を有する建築物が対象となります。

補助対象者

次のいずれかに該当するものです。

  1. 補助対象建築物の所有者等(所有者若しくは区分所有者の団体の管理者又は管理組合法人の理事)で、市町村税を完納している者
  2. 集会施設の設置及び管理する町会
  3. 地震により建築物集合地域通過道路等の通行の妨げとなる通行障害既存耐震不適格建築物の所有者等

補助対象事業

耐震診断調査
補助対象建築物に対して行う耐震診断(注1)及び当該耐震診断を行うための試験(部材の強度試験、公的機関の判定)等とします。なお、実際に耐震診断を行うものは、1級、2級または木造建築士で建築物の構造に応じた耐震診断講習会の修了者(耐震診断事業者)(注2)とします。

なお、耐震診断事業補助金の交付決定を受けずに行った耐震診断については、補助対象となりませんのでご注意ください。

(注1)耐震診断は、建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための基本的な方針(平成18年国土交通省告示第184号)の別添第1の指針に基づいて行うものに限ります。

(注2)耐震診断事業者が請負うことが出来る補助対象建築物は、建築士法第3条、第3条の2、第3条の3で示されている1級、2級、木造建築士でなければ設計監理等出来ない用途規模と同様とします。

例えば、補助対象建築物用途規模が病院(階数3階以上、かつ、床面積の合計が1000平方メートル以上)の場合、補助対象事業者としては、1級建築士でなければなりません。2級建築士では耐震事業者としての要件を満たしませんのでご注意ください。

補助金の額

耐震診断等に要する経費の3分の2の額とします(千円未満は切捨て)。ただし、限度額を60万円とします。

補助金の申請から交付までの流れ

診断を受ける際の流れについては、耐震診断を行なわせる建築士等と話をし、一度建築指導課にお問い合わせください。
補助金の申請から交付までの流れの図

補助金申請等の必要な書類について

下表に掲げる書類を、提出してください。

補助金申請等に必要な書類一覧
  提出申請様式等 添付書類
補助金の交付申請には

補助金交付申請書
WORD版(Word:33KB)PDF版(PDF:77KB)

  1. 特定既存耐震不適格建築物等耐震診断事業計画書WORD版(Word:38KB)PDF版(PDF:77KB)
  2. 補助対象建築物の案内図、配置図、各階現状平面図及び立面図
  3. 工程表
  4. 事業に係る費用の見積書及び仕様書
  5. 申請者が補助対象者に該当することを証する書類
  6. 事業を行うものが耐震診断事業者であることを証する書類
事業に着手したときには

事業着手届
WORD版(Word:30KB)PDF版(PDF:66KB)

添付書類はありません。

補助金の交付申請内容を変更したい場合は

補助変更承認申請書
WORD版(Word:32KB)PDF版(PDF:57KB)

  1. 変更後の耐震診断に係る費用の見積書
  2. 変更後の特定既存耐震不適格建築物等耐震診断事業計画書WORD版(Word:38KB)PDF版(PDF:77KB)
補助金の交付申請した事業を廃止したい場合は

事業廃止届出書
WORD版(Word:29KB)PDF版(PDF:63KB)

添付書類はありません。
補助金の交付申請した事業が完了した場合は

事業完了報告書
WORD版(Word:33KB)PDF版(PDF:76KB)

  1. 耐震診断結果報告書
  2. 耐震診断に係る請負契約書の写し
  3. 耐震診断に係る領収書の写し
  4. 耐震判定委員会の判定書等又は診断結果が国土交通大臣の定める基準に適合していることを証する書類
補助金の交付請求には

交付請求書
WORD版(Word:29KB)PDF版(PDF:70KB)

添付書類はありません。

なお、本事業の市原市特定既存耐震不適格建築物等耐震診断事業補助金交付要綱は、こちら(PDF版)をごらんください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

都市部 建築指導課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎3階
電話:0436-23-9840 ファクス:0436-21-1478

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る