このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

千葉県再生土の埋立て等の適正化に関する条例

更新日:2019年4月1日

近年、県内では、土地を造成するための埋立資材として再生土が利用されることがあります。県は、県民の安全な生活を確保し、地域の生活環境を保全するために、再生土の埋立てを適正に行うためのルールとして、条例を制定しました。条例は平成31年4月1日から施行されています。

再生土とは

再生土は建設汚泥などの産業廃棄物に、脱水・破砕などの中間処理を施し、資材として再資源化したものです。

再生土の埋立てを行う者の義務

再生土の埋立てを行う者は、次のことを守らなければいけません。

崩落などの防止措置

盛土の崩落や流出などを防止するための措置をとること。

環境への影響の防止措置

埋立現場から流出する水に含まれる物質(アルカリ、塩化物)により、周辺環境への影響が生じないようにするための措置をとること。

500平方メートル以上の埋立てを行う者の義務(特定埋立て等)

あらかじめ県に届け出をすることや、台帳の作成、定期的な報告、標識の掲示などを行うこと。

千葉県再生土の埋立て等に係る行政指導指針に定める手続

同行政指導指針では、次の手続を定めています。市原市内で特定埋立て等を行う場合は、市原市環境部不法投棄対策・残土指導課と協議してください。

地域住民に対する説明会

特定埋立て等を行う者は、特定埋立て等に供する区域の所在する地域の住民に対して、計画の概要などを説明する必要があります。

関係市町村長への説明

特定埋立て等を行う者は、特定埋立て等に供する区域を管轄する市町村長(再生土関係担当課)に対して、計画の概要などを説明する必要があります。

必要な手続等の詳細

必要な手続や規制内容など、詳しくは千葉県ウェブサイトをご覧ください。

新規ウインドウで開きます。再生土対策関連情報(千葉県ウェブサイト)(外部リンク)

お問い合わせ先

環境部 不法投棄対策・残土指導課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎5階
電話:0436-23-9858 ファクス:0436-24-1204

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る