このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

大気汚染情報(光化学スモッグ・PM2.5)について

更新日:2017年8月23日

大気汚染情報(光化学スモッグ・PM2.5)について

現在の市内光化学スモッグ・PM2.5情報
光化学スモッグ ・現在、市内に光化学スモッグ注意報等は発令されていません。
PM2.5 ・現在、市内にPM2.5の注意喚起情報はありません。

光化学スモッグについて

光化学スモッグとは

これまでの光化学スモッグの発生状況

新規ウインドウで開きます。千葉県の最新「大気環境常時監視」状況(光化学スモッグ注意報等の発令状況等)(外部リンク)

新規ウインドウで開きます。環境省大気汚染物質広域監視システムそらまめ君(外部リンク)

PM2.5について

PM2.5注意喚起について

新規ウインドウで開きます。現在の注意喚起の状況について(外部リンク)

PM2.5の注意喚起の実施の判断は千葉県が行います。

新規ウインドウで開きます。千葉県内のPM2.5の速報値(外部リンク)

注意喚起の基準について

PM2.5の濃度が1日平均70マイクログラム毎立方メートルを超えると予想される場合、千葉県の通報に基づき注意喚起を行います。
注意喚起の具体的な基準は以下の2段階となります。

(1)当日午前5時から7時までの測定値による注意喚起

(判断基準)

各地域内の一般環境大気測定局において、午前5時、6時、7時の1時間値の平均値の中央値が日平均値70マイクログラム毎立方メートルに対応する85マイクログラム毎立方メートルを超え、かつ高濃度の状態が継続されると判断される場合

(注意喚起の時刻)

午前9時頃を目処に注意喚起の広報を行います。

(2)当日午前5時から12時までの測定値による注意喚起

(判断基準)

各地域内の一般環境大気測定局において、いずれか1局の午前5時から12時までの1時間値の平均値が80マイクログラム毎立方メートルを超え、かつ高濃度の状態が継続されると判断される場合

(注意喚起の時刻)

午後1時頃を目処に注意喚起の広報を行います。

注意喚起の実施方法

千葉県が県内を県北部・中央地域及び九十九里・南房総地域の2つの区域に区分して注意喚起を行い、市はその連絡受信後、市民に注意喚起をお知らせします。

市原市は県北部・中央地域に該当します。

お知らせ方法

  • 防災行政無線による放送
  • 情報配信メールの発信※
  • 保育所、幼稚園、学校、福祉施設等関係施設へFAXまたは電話による連絡

※情報配信メールに関することは、以下のリンクを参照してください。

市原市情報配信メール

注意喚起時に気をつけること

  • こまめ(1時間毎)に値を確認しましょう。
  • 外出は必要最小限にしましょう。
  • 屋外での長時間の激しい運動は控えましょう。
  • 部屋の換気は必要最小限にしましょう。
  • 呼吸器系循環器系疾患のある方、小児、高齢者は特に注意しましょう。

微小粒子状物質(PM2.5)とは

大気中に浮遊する粒子のうち、粒径2.5マイクロメートル(0.0025ミリメートル)以下の非常に小さな粒子状物質です。

粒子状物質には、物の燃焼などによって直接排出されるものと、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、揮発性有機化合物(VOC)等のガス状大気汚染物質が、主として環境大気中での化学反応により粒子化したものとがあります。発生源としては、ボイラー、焼却炉などのばい煙を発生する施設、コークス炉、鉱物の堆積場等の粉じんを発生する施設、自動車、船舶、航空機等、人為起源のもの、さらには、土壌、海洋、火山等の自然起源のものもあります。

PM2.5の環境基準

1年平均値が15マイクログラム毎立方メートル以下であり、かつ、1日平均値が35マイクログラム毎立方メートル以下であること。(平成21年9月9日告示)
環境基準は、環境基本法に基づく行政上の目標値となる値で、人の健康を保護する上で維持されるのが望ましい基準として位置付けられています。

PM2.5の健康への影響

呼吸器系の奥深くまで入りやすいことなどから、人の健康に影響を及ぼすことが懸念されています。

環境省によると、微小粒子状物質(PM2.5)は粒子の大きさが非常に小さい(髪の毛の太さの30分の1)ため、肺の奥深くまで入りやすく、喘息や気管支炎などの呼吸器系疾患のリスクの上昇が懸念されます。また、肺がんのリスクの上昇や、循環器系への影響も懸念されていると示されています。

市原市におけるPM2.5の監視状況について

市原市では平成23年4月に郡本測定局にて測定を開始し、平成24年4月から八幡測定局と廿五里測定局、平成25年4月から五井測定局、平成26年4月から姉崎測定局、潤井戸測定局で測定を始めました。

測定局

  • 郡本測定局(北国分寺台3丁目5番地1)
  • 八幡測定局(八幡831番地2)
  • 廿五里測定局(廿五里558番地)
  • 五井測定局(五井5500番地1)
  • 姉崎測定局(姉崎1850番地)
  • 潤井戸測定局(潤井戸2299番地14)

PM2.5関連リンク

現在のPM2.5の測定値

新規ウインドウで開きます。千葉県の最新大気環境情報(外部リンク)

新規ウインドウで開きます。環境省大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」(外部リンク)

PM2.5の詳しい情報

新規ウインドウで開きます。環境省「微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報」(外部リンク)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

環境部 環境管理課 環境監視センター
市原市五井5500番地1
電話:0436-21-0606 ファクス:0436-25-3399

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る