このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市原市地球温暖化対策地域推進計画 -いちはら低炭素社会プランー(2018年度~2030年度)について

更新日:2018年5月31日

本市では、2015年12月にパリ協定の採択、2016年5月に国の「地球温暖化対策計画」、同年9月に「千葉県地球温暖化対策実行計画~CO2CO2スマートプラン~」が策定されたことなどを踏まえ、「地球温暖化対策の推進に関する法律」第21条に基づく、「市原市地球温暖化対策地域推進計画-いちはら低炭素社会プラン-(2018年度~2030年度)」を新たに策定しました。
本計画は、市域の自然的社会的条件に応じて温室効果ガスの排出抑制等を行うための総合的な計画です。市民・事業者・市の協働で環境負荷が低減された低炭素社会を実現し、「誇りのもてる環境を未来へ」を目指します。

計画の概要

計画期間

2018年度から2030年度まで

対象とする温室効果ガス

「地球温暖化対策の推進に関する法律」第2条第3項に基づく以下の7種類の温室効果ガスを対象とします。
・二酸化炭素(CO2)
・メタン(CH4)
・一酸化二窒素(N2O)
・ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)
・パーフルオロカーボン類(PFCs)
・六ふっ化硫黄(SF6)
・三ふっ化窒素(NF3)

温室効果ガス削減目標(2013年度比)

2030年度に1,664千t‐CO2、11%の削減を目指します。

市原市の温室効果ガス排出量の部門別削減目標
部門

2013年度
基準年
(千t-CO2)

2030年度
目標年
(千t-CO2)

削減量
(千t-CO2)

削減率
(%)

総量 15,344 13,680 ▲1,664 ▲10.8
家庭 451 285 ▲166 ▲36.8
業務 531 406 ▲125 ▲23.5
運輸 513 307 ▲206 ▲40.2
産業 13,690 12,599 ▲1,091 ▲8.0
その他 159 83 ▲76 ▲47.8

家庭部門:住宅におけるエネルギー消費から排出されるCO2
業務部門:店舗やオフィス、医療、福祉等の業務施設におけるエネルギー消費から排出されるCO2
運輸部門:自動車、鉄道の燃料消費から排出されるCO2
産業部門:農林業、建設業、製造業のエネルギー消費から排出されるCO2(電気事業者のエネルギー転換を含む)
その他:ごみに含まれる廃プラスチックの燃焼から排出されるCO2、CH4、N2O、フロン類

地球温暖化の緩和策(4つの視点)と適応策

4つの視点

温室効果ガス削減目標の達成に向けた市民・事業者・市の役割を以下の4つの視点で整理しました。

  1. 再生可能エネルギー等の利用促進
  2. ライフスタイル・ビジネススタイルの変革
  3. コンパクト・プラス・ネットワークの推進
  4. 森林・みどりの保全及び緑化の推進

また、温室効果ガス排出量を削減する緩和策に加えて、温暖化による影響(自然災害、熱中症など)への適応も関係機関と連携しながら進めていきます。

閲覧場所

環境管理課、情報公開コーナー、下記の公共施設もしくは市ホームページ(下記ダウンロードファイル)でご覧になれます。

  • 市役所第2庁舎10階環境管理課
  • 市役所第2庁舎5階情報公開コーナー
  • 中央図書館
  • 各公民館・コミュニティセンター

ダウンロード

概要版

一括ファイル

分割ファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

環境部 環境管理課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎10階
電話:0436-23-9867 ファクス:0436-24-1204

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る