このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

平成24年度緑のカーテンコンテスト結果

更新日:2014年2月14日

緑のカーテンコンテストとは?

ツル性の植物を建物の壁や窓の外側に伸ばすことにより、太陽光を遮り、葉の蒸散作用により温度の上昇を抑制するとともに、緑化による二酸化炭素削減につなげる、家庭や事業所などで身近に取り組める地球温暖化対策です。緑のカーテンの普及を図る目的でコンテストを開催しました。

結果発表

平成24年度は、総数23件の応募があり、素敵な緑のカーテンが出揃いました。ご覧の皆さんも素敵な緑のカーテンをご自宅で作ってみませんか?

家庭部門

<最優秀賞>

金澤 光子さん

緑のカーテンの効果:緑のカーテンを作ったところの部屋は、今年はエアコンを使用しませんでした。

工夫苦労:植え付けが遅くなってしまい、なかなか思うように葉が茂ってきませんでしたが、朝と夕方の水やりで大きく育ちました。水やりは雨水タンクの水で行いました。

<優秀賞>

谷川 愉利男さん

緑のカーテンの効果:緑のカーテンとミストシャワーの併用で、リビングのエアコンを使用しないで過ごせました。

工夫苦労:朝晩欠かさずの水やりが大変でした。緑のカーテンの下にブランコや遊び場を作ることにより、真夏の昼間でも子供達が外で遊ぶことができました。

<佳作>

伊東 悦子さん

緑のカーテンの効果:室内のガラスは緑のカーテンで全面隠れたので、日中の強い日射しが入らず、クーラーは使わずにすみました。一日中外出していても、日陰になるせいか、室内がもやっと暑くなかったです。

工夫苦労:2階ベランダから地面へとネットを張り、地面には杭でネットをおさえました。ゴーヤーの間に朝顔を植えました。

傳田 明紀さん

緑のカーテンの効果:午後から夕方にかけての西陽でとても暑くなりましたが、緑のカーテンのお陰で、西壁の日射しに伴う温度上昇が抑えられてかなり涼しくなりました。また、室内側から陽が直接入ってこなくなり、緑でほどよく目に優しくなりました。

工夫苦労:市販のプランターは浅く、容積が少ないので、木製のプランターを作りました。このおかげで保水力もよくなり根がしっかり張ったようです。またネットもつり下げただけでは、成長したときの重さに耐えかねると思われたため、ネットの枠の一部に農業用ビニールハウスで使う金属パイプを利用しました。

店舗・事業所部門

<最優秀賞>

極東石油工業合同会社千葉製油所

緑のカーテンの効果:ゴーヤによる緑のカーテンを育成し、カーテンとしての厚みがすごくあったため、かなりの遮光、遮温の効果がありました。牛乳パックを使用して作った自作の簡易百葉箱による気温測定の結果は、緑のカーテン表裏で2.5度の気温低下が見られる以下のとおりになりました。
カーテン前:34.5度
カーテン後:32.0度
食堂の窓全面に育成したため、美しい緑を鑑賞しながら食事が出来ると好評でした

工夫苦労:今年も猛暑日が続きましたので水やりが非常に大変でした。昨年は、プランターの水分蒸発を抑えるために稲わらを敷きましたが、今年はプランターの大きさを変えることで対応できるのかチャレンジしてみました。結果としては大きなプランターは稲わらを敷いたのと同様に水持ちが良かったです。

<優秀賞>

市原市立国分寺公民館

緑のカーテンの効果:直射日光のあたる部分との温度差が3度から4度ほどあり、日光が部屋に入るのを遮断でき、必要以上にエアコンの設定温度を下げることもなく、省エネに大きく貢献した。
緑のカーテンという量感的な視覚効果と実を収穫できる実利的なメリットがあり、緑のカーテンを実施することで、公民館利用者にも節電について理解されやすいという効果があった。

工夫苦労:建物全体にゴーヤーの葉が横に広がるように、こまめに摘心するとともに、昨年同様ネットを壁面全体にしっかりと張ることにより、葉が全体に覆い茂るように広げることができた。
朝夕の2回水やりを行うのに時間がかかるとともに、毎日の水やりの継続が大変であった。

<佳作>

株式会社エムシー・オペレーションサポート

緑のカーテンの効果:外観としては、緑が涼やかで穏やかな精神作用をもたらしてくれました。節電対策の副次効果として、キューリ、ゴーヤ、トマト、スイカの収穫が楽しめました。

工夫苦労:障害物(木の根)が有ったので、ビニール袋をプランター代わりに使用しました。カラスにミニトマト、スイカを食べられてしまったので、防鳥ネットを張りました。晴れの日が続いたので、水やりに苦労しました。

不二サッシ株式会社千葉工場

緑のカーテンの効果:太陽光の差し込みが遮られたので、昨年より体感では涼しく感じられました。

工夫苦労:5月から土作りを始め、昨年に比べ、苗の数も倍に増やしたので、満足のいく緑のカーテンができました。

学校部門

<最優秀賞>

市原市立白幡小学校

緑のカーテンの効果:職員室前で実施したので、職員室でのクーラー使用電力が少なかったです。児童が学習に使用しました。(図工で絵を描いたり、理科で観察をしました。)ゴーヤは収穫し、職員が美味しく食べました。

工夫苦労:今年は台風が早くに来たので、植えたばかりのゴーヤのつるが切れてしまい出鼻をくじかれました。しかし、肥料・水やり・草取りをし、愛情いっぱいで育てたので挽回することが出来ました。

<優秀賞>

市原市立石塚小学校

緑のカーテンの効果:日射しが部屋に入るのを防いでくれました。電気使用量など省エネに貢献できました。

工夫苦労:毎日朝晩の水やりが大変でした。特に、土日や祝日なども水やりを欠かさず、肥料も適宜与え、よく成長しました。

<佳作>

市原市立鶴舞保育所

緑のカーテンの効果:真夏の暑い中も緑のカーテンの日陰の下で水分補給をしたり、水遊び後にゆったりと快適に過ごすことができました。保育室でも冷房をつける回数が減り、省エネへの協力ができたと思います。

工夫苦労:せっかくのエコな取り組みなので、水やりの水も水遊びで使用した水を利用し、子どもたちと一緒に水やりをしました。しかし、楽しく取り組めた反面、ゴーヤの育ちがよく水分不足や肥料不足になってしまったり、逆に水のあげすぎ等になってしまったりと調整が難しかったです。

市原市立八幡保育所

緑のカーテンの効果:葉陰で子供達が自然に遊ぶ姿が見られたり、室内の気温が少し低く涼しいように感じられました。

工夫苦労:植木鉢は養分も限られているので、追肥をあげるタイミングが難しかったです、葉がしおれたり、根が傷んだりしないよう、休日でも水やりを行いました。

お問い合わせ先

環境部 環境管理課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎5階
電話:0436-23-9867 ファクス:0436-24-1204

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る