このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

今すぐできる、生ごみ減量の取り組み

更新日:2017年11月28日

生ごみは、家庭から出る燃やすごみの約40パーセントを占め、生ごみの減量がごみの減量の大きなポイントです。
生ごみの減量には、コンポストなどを使った肥料化が推奨されていますが、
普段の暮らしの中で、今すぐにできる取り組みもたくさんあります。

生ごみのイラスト

食材を使い切る

余分な食品を買い込むと、使い切れずに賞味期限が切れて無駄になってしまうほか、冷蔵庫に詰め込みすぎることで余分な電気代がかかることがあります。
本当に必要な量を買って、無駄なく使い切りましょう。

  • 買い物の前に家にあるものを確認して買いすぎないようにする
  • バラ売りや少量パックなどを利用する

料理は食べ切る

まだ食べられるものが食べ切れずに捨てられていることも、生ごみを増やす原因となります。

家庭では…

  • 必要な量だけ作った後は、残さず食べる
  • 残ったら冷凍パックなどを利用し、上手に保存する

外食やパーティーのときは…

  • メニューに小盛りやハーフサイズがあれば利用する
  • 食べ切れる量だけ注文する
  • 料理を食べる時間を確保する(宴会の最後など)

などを心掛け、食べられるものがごみになってしまう量をできるだけ減らしていきましょう。

×食べ残しのイラスト

千葉県では、食べきりを促進するさまざまな取り組みを進めています。
ちば食べきりエコスタイルのページへ(外部サイトへリンク)

捨てる前に、水を切る

生ごみの約80パーセントは水分です。
捨てる前にひと手間かけて水切りを行うだけで、ごみの減量に大きな効果があります。

生ごみの水切りによる効果

  1. ごみ袋が軽くなる
    ごみを出すときの負担が減る
    ごみの収集車が、余分な燃料を使わずにすむ
  2. いやな臭いを抑えることができる
    ごみステーションがカラスやネコなどの動物に荒らされる可能性が低くなる
  3. 収集車からの液だれを防げる
  4. 焼却炉の燃焼効率が上がる
    ごみ処理費用の軽減につながる

手軽に取り組め、大きな効果がある、生ごみの水切りにご協力をお願いします!

  • 野菜くずなどは、水気を切って捨てる
      果物や野菜の皮などは、一晩おくと、かなりの水分が抜けます
  • ティーパックやお茶殻はよく絞って出す


生ごみを捨てる前によく絞って水を切る

お問い合わせ先

環境部 クリーン推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎5階
電話:0436-23-9053 ファクス:0436-24-1204

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る