このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市原市河川愛護推進事業

更新日:2019年3月1日

市原市河川愛護推進事業について

市内の河川敷において、清掃、除草、花植え等の美化活動を行っているボランティア団体(河川愛護団体)を支援する事業で、花の種(コスモス・菜の花)や燃料の支給、清掃用具の貸与を実施しています。

また、市民への河川愛護意識の普及・啓発を図るため、河川愛護の啓発リーフレット(せせらぎつうしん)を発行しています。

河川愛護団体募集

河川愛護団体をはじめ、多くのボランティアの皆さんが河川敷の除草や清掃活動をしてくださっており、深く感謝しております。
「椎津川上流域を美しくする会」ほか多くの団体が、高齢化等により会員が減ってきております。身近な川がもっと地域住民の親しめる憩いの場となりますように、あなたも参加してみませんか。会員および団体を募集しております。
市内JR3駅や支所、公民館等の施設に掲示されている河川愛護参加募集ポスターもご覧ください。

河川愛護団体の活動

現在19の河川愛護団体が、市原市の河川で活動しています。

桜さんさん会が国土交通大臣表彰を受賞

まちづくり桜植樹プロジェクト「桜さんさん会」が、日ごろの河川愛護活動の功績により、平成29年6月10日に国土交通大臣から河川愛護功労者団体として表彰を受けました。
市民の方々が楽しめる憩いの空間づくりを、今後もよろしくお願いします。

養老川サイクリングロード環境整備事業

養老川の管理用道路を利用したサイクリングロードの清掃活動を、市民ボランティア団体である河川愛護団体まちづくり桜植樹プロジェクト(桜さんさん会)と千葉県市原土木事務所、市原市土木部の協働により、毎年実施しています。

平成29年度河川愛護団体意見交換会

平成29年10月11日に、市原市の河川愛護団体の意見交換会を初開催いたしました。初めての試みでしたが、愛護団体の皆さまからたくさんの「現場の声」とご意見・ご提案をいただきました。主な内容は下記のとおりです。
いただいたご提案等につきましては、今後の河川愛護事業に活かしてまいります。
お忙しい中をご参加いただき、感謝申し上げます。

[主な内容]
・河川愛護活動の現場での悩みについて
・河川愛護のPRに関して
・河川愛護団体の若返りについて

平成30年度河川愛護団体意見交換会

昨年度に引き続き、「河川愛護団体意見交換会」を、8月と1月に開催いたしました。
河川愛護団体の皆さまからのご意見を参考に、河川愛護活動を支援してまいります。

[平成30年度第1回(8月27日開催)]
・事前アンケートで寄せられた質問への、市からの回答
・河川水系ごとにグループで分かれて意見交換

[平成30年度第2回(平成31年1月18日開催)]
(1)支援についての説明
・「千葉県河川海岸アダプトプログラム」について
・「いちはらまちづくりサポート制度」について
・「市原市河川愛護推進事業実施要綱」の改定について
・平成31年度の支援について
(2)河川愛護事業の効果的なPRについての意見交換

第2回 意見交換会1
新規団体「みらいseeds」(椎津川水系と里山を愛する会)

平成30年度河川愛護功労者表彰

平成30年11月26日に、永年の河川愛護活動を称え、8名の方々が千葉県河川協会市原支部(支部長・市原市長)により功労者表彰を受賞されました。

千葉県河川協会市原支部功労者表彰
小出市長と記念撮影

平成30年度手づくり郷土(ふるさと)賞

平成31年1月28日に、河川愛護団体「まちづくり桜植樹プロジェクト(桜さんさん会)」が、養老川とアートの小径プロジェクト(文化と芸術の里づくり)の活動により、平成30年度「手づくり郷土(ふるさと)賞」を受賞し、国土交通省から認定証及び記念品を授与されました。

新規ウインドウで開きます。「手づくり郷土(ふるさと)賞」認定証授与式(外部リンク)

(国土交通省関東地方整備局のページが開きます)

お問い合わせ先

土木部 河川課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎3階
電話:0436-23-9827 ファクス:0436-24-3444

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る