このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

災害救助法に基づく被災住宅の障害物の除去について

更新日:2019年12月9日

 本制度は令和元年11月30日をもって終了しました。

被災住宅の障害物の除去について

 令和元年台風15号によって住居又はその周辺に運ばれた土石、竹木等で、日常生活に著しい支障を及ぼしているものの除去を市町村が実施する制度です。制度の利用を希望される方は、災害時にお住いの市町村にお申し込みください。

対象者

 次の要件のいずれにも該当する方が、対象になります。
(1) 災害時に住んでいた住家が、半壊又は床上浸水した方
(2) 住居又はその周辺に運ばれた土石、竹木等で一時的に居住できない状態にあり、自らの資力では障害物を除去できない方
(3) 避難所等へ避難している方で、障害物を除去して元の家に住む方
(4) 災害救助法に基づく応急住宅(仮設住宅)を利用しない方

除去の範囲

 障害物の除去は、当面の日常生活に最低限必要な場所を確保するために行うものですので、その範囲は次のとおりとなります。
 なお、障害物除去後の室内の清掃、消毒等は対象になりません。
(1) 居室、台所、玄関、便所等の日常生活上欠くことのできない場所にある土砂等の除去(物置や倉庫等にある土砂等は対象外)
(2) 住家の入口が土砂等で閉ざされている場合の玄関回りの除去

費用の限度額

(1) 一世帯当たりの限度額は135,400円です。
こちらは、申請者への支払いは行いません。施工業者へ直接市町村が支払います。
(2) 同一世帯(1戸)に2以上の世帯が居住している場合でも、上記(1)の一世帯当たりの限度額以内となります。

申込場所・時間

市原市役所 第1庁舎 1階 応急修理相談窓口
令和元年10月15日(火曜日)から
午前8時30分から午後5時15分

様式集

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

都市部 都市計画課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎3階
電話:0436-23-9838 ファクス:0436-21-1478

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る