このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

第4回いちはら防災100人会議を開催しました。(平成30年4月21日)

更新日:2018年5月17日

平成30年4月21日(土)に、市原市役所第1庁舎(防災庁舎)4階の会議室で、第4回いちはら防災100人会議が開催され、59名の委員の方にご参加いただきました。

第4回いちはら防災100人会議の様子

ワークショップ前の体操

前半は前回の振り返りと、復興についてアドバイザーの鍵屋教授よりお話がありました。

ワークショップ

・ワークショップ1
近年最も成功した復興事例と言われている、サンタクルーズの「物語復興」調査ものがたりを読み、良いと思った点についてワークショップ形式で話し合いを行いました。

・ワークショップ2
2つめのワークショップでは、「高齢者・障がい者」について考えるグループ、「働く世代」について考えるグループ、「子ども」について考えるグループに分かれ、それぞれテーマについて話し合いを行いました。

【テーマ】
「大震災後に市原市の高齢者・障がい者、働く世代、子どもにどんな課題があるか。課題を解決するためには、どうすればよいか」

各自で付箋にアイデアを書き出していき、グループで3~5つに絞ります。
各グループから出たアイデアを見て回り、「いいねシール」を貼っていきます。
 
【ワークショップ結果】
「高齢者・障がい者」について考えるグループの中での、いいねの最高獲得は、「『向こう3軒、両隣の必要性!』自分から進んで(障がい者がいるとか)地域に発信」で36いいねでした。
「働く世代」について考えるグループの中での、いいねの最高獲得数は、「小中学校防災教育」で41いいねでした。
「子ども」について考えるグループの中での、いいねの最高獲得数は、「心のケア。遊び場所などの確保。周りとのコミュニケーション。」で41いいねでした。

サンタクルーズ結果

また、最後に、1つめのサンタクルーズの事例のいい点についてのワークショップ結果の分析が行われ、<「円卓」で上下関係なく議論したこと>、<「見える化」したこと>、<「50年後」の遠くを見据えたこと>、<「300人規模」のワークショップで時間をかけて議論したこと>の4つがポイントとして出てきました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

総務部 危機管理課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎4階
電話:0436-23-9823 ファクス:0436-23-9556

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る