このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

安全な徒歩帰宅のために

更新日:2014年1月24日

安全な徒歩帰宅のために

職場や学校など自宅から離れた場所にいるときに、大規模な地震等が発生し、公共交通機関がとまってしまうと、帰宅することが困難になる恐れがあります。地震等の発生直後に人々が一斉に徒歩帰宅を始めた場合、路上や駅周辺では大混雑が発生し、集団転倒などにまき込まれる恐れがあります。また、防災関係機関は、発災直後には、被害状況の把握や救出、救助、消火活動などに優先的にあたることから、徒歩帰宅が可能な方の支援には限界があります。

一人ひとりが、自分の命は自分で守ることを第一に考え、行動する必要があります。

安全に帰宅するための基本原則

  • 身の安全を確保しましょう。
  • 災害用伝言ダイヤル171などにより家族の安否を確かめましょう。
  • 交通機関の情報や道路の被害状況などを入手しましょう。
  • 周囲の状況等に応じた安全な行動について自ら判断し、冷静に行動しましょう。
  • 帰宅できるまで外出者同士が助け合いましょう。

日頃からの備えが大切です。

  • 携帯ラジオを持参しましょう。
  • 職場などにスニーカーや懐中電灯、手袋、飲料水等を用意しておきましょう。
  • 事前に発災時の安否確認の方法や集合場所を家族で話し合っておきましょう。
  • 実際に歩いて帰宅経路を確認し、帰宅地図を作成しておきましょう。
  • 自宅の耐震化や家具などの転倒防止対策等を実施しましょう。

帰宅支援協定による支援

県を含む九都県市では、コンビニエンスストアやガソリンスタンド等と帰宅支援に関する協定を締結しており、こうした店舗(帰宅支援ステーション)では、帰宅困難者に水道水やトイレなどを提供することとなっています。

※店舗の被害の状況等によっては、支援が実施できない場合があります。

※九都県市:千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉市、さいたま市、横浜市、川崎市、相模原市

新規ウインドウで開きます。千葉県の取り組み(外部リンク)

お問い合わせ先

総務部 危機管理課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎4階
電話:0436-23-9823 ファクス:0436-23-9556

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る