このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市原市津波ハザードマップ

更新日:2017年3月10日

津波ハザードマップの目的は

津波災害時における被害を最小限にくい止めることを目的とし、県の浸水予測図を基にして予想される浸水の範囲と深さ、避難場所等の各種情報をマップに示し、緊急時の避難に役立てるものです。

市原市津波ハザードマップ(平成29年3月修正)

千葉県が実施した津波シミュレーションに基づき、平成24年4月に公表した津波浸水予測図において、本市域への最も影響が大きい想定は、「東京湾口(房総半島南端)で約10mの津波高が観測された場合」で尚且つ本市への津波到達予測時刻までに防潮水門の閉鎖が間に合わない場合に市内の一部で津波による浸水が予測されています。
これを受けて、本マップは、浸水想定区域と浸水の深さ及び避難場所等を示し、もしもの場合に市民のみなさまの避難に役立てるため平成26年8月に作成しました。
千葉県では、県内市町村における津波避難計画作成の手引きとなる「千葉県津波避難計画策定指針」を平成22年10月に策定し、その後、東日本大震災において県内でも多くの死者・負傷者が発生したことから、その教訓を踏まえて、この指針を平成28年10月に改訂しました。
本市の津波避難計画も改訂後の県指針を参考とし、平成29年3月に計画を修正し、あわせてマップの見直しを行いました。このマップを地域で活用していただき、防潮水門の閉鎖が間に合わない場合などのいざというときに、津波から命を守るために安全な場所に適切に避難できるように心がけましょう。
このマップは市役所5階の危機管理課、五井支所及び市原支所にて配布しています。

津波避難ビルを追加しました

津波避難ビルを追加しました

市原市津波避難計画(平成29年3月修正)

この計画は、津波が発生した場合にその発生直後から津波が終息するまでの間等、市民等の生命及び身体の安全を確保するために必要な事項を定めたものであり、平成24年10月1日に策定後、平成29年3月に内容の見直しを行いました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

総務部 危機管理課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 市役所5階
電話:0436-23-9823 ファクス:0436-23-9556

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る