このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

消防団の組織と概況

更新日:2015年5月28日

消防団の組織

本市の消防団は、昭和38年5月に5町が合併し、市原市消防団を発足、さらに昭和42年10月に1町1村が合併し、1団、8支団、182分団、3,505名となり、その後、消防団行政の推進と円滑化を図るため、昭和60年に組織改革を行い、現在は、1団、7支団、85分団、1部、1,388名で構成されております。(平成29年10月1日現在)


第13代市原市消防団長 大野藤夫

消防団長あいさつ

消防団は、市町村の非常備の消防機関であり、その構成員である消防団員は、他に本業を持ちながらも「自らの地域は自らで守る」という郷土愛護の精神に基づき参加し、消防・防災活動を行っており、地域防災力の中核を担っております。
本市におきましては、平成23年3月11日の東日本大震災の際、石油コンビナート地区で発生しましたLPGタンク爆発火災に常備消防の大半が出動したことから、一般地区の災害対応の多くを消防団が任されました。
このような大災害時には、消防団は、災害防御活動をはじめ、地域住民の避難支援等を行い、普段におきましても、町会行事への協力等を行っており、地域住民から高い期待が寄せられております。
しかし、昨今の少子高齢化や勤労形態などの社会情勢の変化により、消防団員確保や消防団運営に影響も出ております。
今後、首都直下地震などの大規模地震の発生が懸念される中、地域防災力の充実強化は、喫緊の課題であります。
本市におきましても、消防団員の上限年齢撤廃、平日の日中の災害に対応する機能別消防団員制度や消防団協力事業所表示制度を導入し、消防団員の確保及び地域防災力の充実強化に取り組んでおりますので、ご協力をお願いいたします。

活動風景


幼稚園への出張パネルシアター

お問い合わせ先

消防局 消防総務課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 消防局
電話:0436-22-8116 ファクス:0436-23-0085

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る