このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

止血の方法

更新日:2014年2月6日

直接圧迫止血法

清潔なガーゼやハンカチ(できれば滅菌ガーゼ)を厚めに重ねて、傷口にかぶせ、その上から強く圧迫して止血する

《鼻血》

赤ちゃんや子供は、鼻血を出しやすいもの

赤ちゃんや子供は、よく鼻血を出します。鼻に指を入れたりして、粘膜が傷ついて出血するのが原因。傷ついた粘膜にブドウ球菌がくっついて炎症を起こしたりすると、くり返す鼻血が見られます。ほとんどがすぐに止まり、心配はいりません。
大量に出たり、くり返し起こる場合は、耳鼻科を受診してください。

鼻を指で5~10分押さえて、止血

止血は、指で小鼻を5~10分押さえます。ガーゼや脱脂綿をつめるときは、つめものに軟膏をぬっておくと、治りが早いもの。鼻血を飲みこまないよう、頭を高くして、軽くおじぎをするような格好をとらせます。

ふだんから、つめを短く切り、乾燥に注意

鼻の穴をいじるくせのある子供は、やめさせるようにします。子供のつめはふだんから短く切っておきたいもの。鼻の粘膜が乾燥すると出血しやすいので、部屋の湿度を調節することも必要です。

出血が大量だったり、くり返したら受診を

大量に出血したり、短い期間にくり返し鼻血が出たりした場合は、念のため受診しておくと安心です。まれに、重い病気がかくれていることもないわけではありません。

お問い合わせ先

消防局 警防救急課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 消防局
電話:0436-22-8117 ファクス:0436-23-0085

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る