このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

住宅用火災警報器の維持管理をしましょう!!

更新日:2017年9月13日

住宅用火災警報器の維持管理はできていますか?

住宅用火災警報器を設置したことで安心していませんか?
定期的なメンテナンス(お手入れ)をしなければ、いざという時に正常に作動しません。
せっかく取り付けた住宅用火災警報器が、火災の時に正常に作動するよう、日ごろから「点検」が必要です。

機器の交換時期は?

電池の寿命がくると、「電池切れです。」と音声でお知らせするタイプや、「ピッ・・ピッ・・」と短い音が一定の間隔で鳴りますので、新しい電池に交換してください。ただし、本体の寿命が近づいている場合は、本体ごと交換してください。

本体の寿命は?

・本体寿命は、機種によって異なりますが概ね10年です。
・住宅用火災警報器の交換時期を知っておきましょう。(10年を目安に交換することをおすすめします。)
・新しい火災警報器に交換したら、本体の側面などに油性ペンで「設置年月」を記入しましょう!
・交換時期については、取扱説明書等をご確認ください。

日頃の点検は?

・いざという時に効果を発揮するように、月に1回は作動点検しましょう。
・点検方法は、本体のひもを引くものや、ボタンを押して点検するものなど機種によて異なります。取扱説明書で確認しておきましょう。

日頃のお手入れは?

・住宅用火災警報器にはほこりがつくと火災を感知しにくくなります。定期的に乾いた布でふき取りましょう。
・ベンジンやシンナーなどの有機溶剤の使用や水洗いは絶対にしないでください。

警報が鳴ったときは?

◆火災の時
・大声で周りに火災を知らせ、119番通報をしましょう!
・可能なら初期消火を行ってください。消火が難しい場合は、速やかに避難してください。
◆火災でない時
・火災以外で警報が鳴った時は、警報停止のボタンを押すか、室内の換気をすると警報音は止まり、通常の状態に戻ります。

新規ウインドウで開きます。「住宅用火災警報器を点検しましょう!」独立行政法人国民生活センター(外部リンク)

独立行政法人国民生活センター
「住宅用火災警報器の点検をしましょう!」
-経年劣化や電池切れにより正しく作動しないことも-

お問い合わせ先

消防局 火災予防課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 消防局
電話:0436-22-8119 ファクス:0436-23-0085

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る