このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

放火されない環境づくり!!!

更新日:2016年5月2日

~放火火災の状況~

平成27年中の「放火」及び「放火の疑い」を合わせた出火件数は23件と、18年連続で出火原因の1となっております。
放火は不注意から起きる火災とは異なり、人が悪意をもち発生させる火災のため、日頃から放火されない環境を作ることが大事です。しかし、放火による火災については、ご自身の注意だけで防げるものではありません。個人や地域ぐるみでの「放火されない環境づくり」が放火対策の重要なポイントとなります。
皆さん、一人一人が放火対策のポイントに注意し、日頃からの放火対策に心掛けましょう。

~放火対策の5つのポイント~

《家のまわりは大丈夫?》

☆家のまわりには燃えやすいものを置かない。
☆こまめに掃除しよう。

《郵便物は大丈夫?》

☆郵便受けには、郵便物をためない。
☆まめに郵便受けを確認しよう。

《車・バイクは大丈夫?》

☆車(二輪車を含む)にボディーカバーを使用する際は、防炎製品を使おう。
☆かごなどに荷物を置いたままにしない。

《ゴミだしは大丈夫?》

☆ゴミは決められた『日・時間・場所』に出そう。

《戸締りは大丈夫?》

☆車庫や物置にもカギをかけよう。

ストップ放火!!!

~放火に対する刑罰はこんなに重い!~

法律では、殺人を犯した場合、「死刑又は無期若しくは三年以上の懲役に処す(刑法第199条)」と定められています。
これに対して、放火の罪は『現に人が住居に使用し又は現に人がいる建造物、汽車、電車、船舶又は鉱坑に放火した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する』と定められており、人が住んでいる建物へ放火した場合は、公共危険罪として殺人罪より厳しい内容となっています。

さぁ、やってみよう!

☆ご自分の住んでいる地域が安全かチェックしよう!

☆ご自分の自宅が安全かチェックしよう!

☆ご自分の事業所が安全かチェックしよう!

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

消防局 火災予防課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 消防局
電話:0436-22-8119 ファクス:0436-23-0085

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る