このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

地震が引き起こす通電火災の防止対策!!

更新日:2018年6月29日

まず初めに大事なこと

地震だ!!まず自分の身の安全を確保しましょう。


まず、身の安全確保

揺れがおさまったら

調理等で火を使用していれば、火の始末をしましょう。

避難開始!


避難の前に

その前に・・・!
地震により避難する時は、電気のブレーカーを切りましょう。
【なぜ?かと言うと】
電力会社により電気の復旧が行われると、電源が入ったままの転倒した電気器具や、転倒した大型家具等により断線した電気配線に通電されショート等を起こし、火災が発生する可能性があります。


ブレーカーを切りましょう

有効な対策として

災害が起こると、避難することに夢中になり電気のメインブレーカーを切るのを忘れてしまうかもしれません。そんな時に有効な対策として、「感震ブレーカー」が通電火災対策に有効です。

感震ブレーカーの種類

感震ブレーカーには、次のような種類のものがあります。

市原市消防局ホームページ 感震ブレーカー

↑感震ブレーカーの詳細はこちら。↑

ブレーカーを復電する前に、絶対確認!!

復電する場合には、事前にガス漏れ等がないことの確認や、電気製品の安全の確認を行ってください。

設置にあたってのアドバイス

地震が発生し、感震ブレーカーが作動した場合は、照明類が即座に消えてしまいます。特に夜間は、転倒した家具や割れたガラスなどで避難に支障が出ます。安全に屋外へ避難するためには、保安灯履物が有効になります。

お問い合わせ先

消防局 火災予防課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 消防局
電話:0436-22-8119 ファクス:0436-23-0085

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る