このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

飲食店等の消火器具の設置基準が強化!

更新日:2018年6月4日

飲食店等の消火器具の設置基準が強化されました。

消防法令が改正され、平成31年10月1日から一定の小規模な飲食店等についても、新たに消火器具の設置が義務付けられることとなりました。

  • 平成31年10月1日から改正後の基準が適用されるため、改正後の基準に該当する飲食店等の皆様におかれましては、平成31年9月30までに消火器具を設置くださいますようお願いします。
  • 飲食店等とは、待合、料理店、茶屋、割烹、喫茶店、食堂、レストラン等が対象となります。
  • 一定の小規模な飲食店等とは、飲食店等の延べ面積又は床面積が150平方メートル未満のものでも、調理を目的とする火を使用する設備又は器具が設置されているものは対象となります。

飲食店等に火を使用する設備又は器具が設置されている場合、「消火器具の設置」が必要!


今回の消防法令の改正は、平成28年12月に糸魚川市で発生した大規模火災の教訓を踏まえて、飲食店等に火を使用する設備又は器具※1が設置されている場合、「消火器具の設置」※2が必要となるものです。

※1今回の消防法令の改正による火を使用する設備又は器具とは、調理を目的として、コンロ、グリルなど火を使用するものが対象となります。

※2「調理油加熱防止装置」、「自動消火装置」、「カセットコンロの圧力感知安全装置」等の危険な状態の発生を防止するとともに、発生時における被害を軽減する安全機能を有する装置を設けるものは、消火器具の設置の対象外となります。

火を使用する設備又は器具の代表的な例

消火器具の点検及び点検報告

消防法令の基準より設置することが義務付けられた消防用設備等(消火器具を含む。)は、定期的に点検し、点検結果を消防署長に報告する義務があります。

※延べ面積が1000平方メートル以上など一定の建築物に設置されている消防用設備等(消火器具を含む。)の点検は、有資格者(消防設備士又は消防設備点検資格者)による実施が消防法令で義務付けられています。

消火器具の点検期間及び内容

 消火器具の点検期間及び内容
期間 内容

6ヶ月ごとに1回

機器点検

  • 適正な配置、損傷等の有無その他主として外観から判別できる事項
  • 機能について、外観から又は簡易な操作により判別できる事項

消防署長に報告する期間

 消防署長に報告する期間
期間 対象
1年に1回 特定用途防火対象物(飲食店等、集会場、遊技場、物品販売店、ホテルその他)
3年に1回 非特定用途防火対象物(共同住宅、工場、倉庫、事業場その他)

パンフレット・アプリ

消火器の点検方法及び点検結果報告書の記入要領を示したパンフレット及び消火器点検アプリが、総務省消防庁のホームページに掲載されておりますので、御活用ください。

消火器の点検・報告パンフレット

https://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList4_8.html

消火器点検アプリ(試行版)

お問い合わせ先

消防局 火災予防課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 消防局
電話:0436-22-8119 ファクス:0436-23-0085

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る