このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

エアコンの内部洗浄による火災に注意!

更新日:2020年7月29日

エアコンの内部洗浄が原因の火災事故事例が多数報告されています。

気温が上がり、エアコンを使用する機会が多くなる毎年6月から8月にはエアコンの火災事例が多く発生しています。
製品評価技術基盤機構NITEで調査された製品事故情報によると、平成27年度から令和元年度の5年間に、エアコンの火災事故は244件発生しており、7名が火災により亡くなっています。夏本番をむかえる前に、エアコンの内部洗浄を行うときは、次の点に注意しましょう。

エアコンの洗浄に注意!

十分な知識を持たずにエアコンの内部洗浄を行うと、破損や発火に至るおそれがあります。エアコンの内部洗浄は正しい知識を持った業者に依頼しましょう。また、ご自身で内部洗浄をするときは、取扱説明書に従って行ってください。
※破損・火災のおそれがあるため、消毒用のアルコールなどの可燃性の溶液や次亜塩素酸ナトリウムなど腐食性のある溶液で内部の掃除はやめましょう。

エアコンの内部洗浄以外にも火災事例が報告されています。

エアコンの配線に注意!

ねじり接続によって他のコードと途中接続する等、改造や不適切な修理・加工等を行うと、接続不良が生じて発煙・発火するおそれがあります。また、エアコンは消費電力が大きいため、延長コード等と接続すると、接続不良やトラッキング現象が生じて発煙・発火するおそれがあります。
※電源プラグやコードの異常発熱や変色、焦げくさいにおい等、不具合がある場合は、すぐに使用を中止して電源プラグを抜き、購入店またはメーカー窓口に相談してください。

エアコンの室内外ユニット間配線に注意!

室内外ユニット間配線内の接続部の接触不良で出火に至る事例が報告されています。エアコンの取り付け工事は専門の業者に依頼しましょう。
※室内だけでなく屋外も点検し異常を発見したら、専門の業者またはメーカーなどに相談してください。

小動物や害虫による事故に注意!

ネズミが電源コードをかじったために断線し、ショートしたことで火災に至った事例やエアコンの内部にゴキブリが侵入したことで火災に至った事例が報告されています。次の点に注意しましょう。
・小動物や害虫がエアコン内部に侵入すると、不意に電源が入る、スイッチが効かない、焦げくさいにおいがする等の異常が事故の予兆としてみられることがあります。エアコン周囲はこまめに掃除し、小動物や害虫を見つけたら駆除をしましょう。
・エアコン室外機の周囲にゴミや段ボールを置いたりせず、こまめに掃除する等、小動物や害虫を寄せ付けないようにしましょう。

新規ウインドウで開きます。https://www.nite.go.jp/jiko/(外部リンク)

独立行政法人製品評価技術基盤機構NITE(ナイト)

異常を発見したら直ちに利用をやめましょう!

全ての電化製品に共通することですが、異常を感じたら直ちに使用を中止し、専門の業者またはメーカーなどに問い合わせをしましょう。リコール情報がご利用のメーカーのホームページに載っていることがありますので、ご自宅にある電化製品を確認しましょう。

お問い合わせ先

消防局 火災予防課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 消防局
電話:0436-22-8119 ファクス:0436-23-0085

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る