このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

消防女子インタビューその1

更新日:2020年2月26日

清水消防士(R2.2.20現在)


中央消防署(警防係)(R2.2.20現在)

現在の業務

警防係として、消防車に乗って火災、救助、救急の現場に出動します。一番のメインは火災現場での消火活動です。災害対応以外では、報告書作成等の事務作業、自主防災訓練等における消火器による初期消火指導や、地水利の調査、災害に備えた訓練等を行っています。

志望動機

前職は病院で事務職をしていました。その時に救急外来で救急隊の活躍を見て「私も現場で助けを求める人に手を差し伸べる人になりたい」と思い、採用試験を受けました。もともと誰かのために何かをする、誇りを持てる仕事がしたいと思っていたのも、動機の一つです。

消防士になって大変だったこと、良かったことは?

人の命に係わる仕事ですので、災害現場や訓練では正直いつも大変だと感じています。その中でも、訓練で身に着けたことを現場で発揮できた時や、市民の方からお礼を言っていただけたときは達成感を感じます。特に感謝されたときは、本当にやっていて良かったなと思います。

職場環境について

上は50代、下は10代と幅広い年齢層の人が勤務している職場ですが、上司、先輩後輩とは良好な関係を築いていると思っています。何かあれば相談できる先輩や、同期に恵まれました。研修や訓練等で苦楽を共にした仲間は、これからも大切にしたいです。また、女性の寝泊まりする仮眠室なども整備されていますので、隔日勤務(消防署に泊まり込みで勤務するもの)でも問題なく務めることができています。また私は、勤務をして3年目になり、今は後輩が出来ました。時には業務を教える立場になりますが、私自身まだまだ出来ないことが多いと感じております。人に教えることができるくらい、もっといろいろな事を覚えなければならないと思っています。

音楽隊入隊のきかっけは?

学生時代に吹奏楽部に所属していたため、楽器演奏の経験がありました。趣味で音楽が好きということもあり、就職前から音楽隊は気になっていて、就職後すぐに入隊を決めました。現在は火災予防運動に合わせたイベントでの出演や、消防出初式等の式典で出演をし、音楽を通じた市民の方との交流の中で、火災・救急等の予防を呼び掛けております。消防署での業務と兼務して活動しておりますので、時には練習が大変だと感じることもありますが、出演をしたときに拍手を頂いたり、話すことに熱心に耳を傾けていただけることにやりがいを感じています。

休日の過ごし方

仕事で全力を出せるよう、心も体も休めるようにしています。親しい友人や家族など、大切な人と過ごす時間を作るようにしています。また趣味のひとつとして車の運転が好きなので、天気の良い日はドライブをする為に遠くに出かけることもあります。もちろん好きな音楽をかけながら!

今後の抱負

警防隊員としては機関員(消防車の運転手)を目指しています。出動があれば現場まで緊急走行を、現場では水を出すために機械の操作をし、放水活動をする隊員の命にも係わる責任ある役割です。
また、救急業務や指令センターでの業務、火災予防業務などにも興味があり、正直やってみたいことが沢山あります。これからはいろいろな事に挑戦していきたいです。

未来の消防女子へ

もしも、消防は男性が就く職業だ、体力に自信がない、などネガティブなイメージを持っている人がいたら、どうかそれはやめて欲しいなと思います。最近では女性の働く設備だけではなく、相談窓口などのサポート体制も整い、かなり働きやすい職場環境ができています。もちろん私にもどうしても出来ないこと、不得意なことはありますし、身体的な面で苦労することもあります。でもそれは短所である反面、長所でもあり、私の個性です。消防はその個性を活かして働くことができる職場だと私は思っています。もしも迷ったり、悩んだりしている人がいれば、やってみたいことにチャレンジして欲しい!と思います。

お問い合わせ先

消防局 消防総務課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 消防局
電話:0436-22-8116 ファクス:0436-23-0085

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

令和元年度

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る