このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

国民年金保険料の学生納付特例申請をする

更新日:2017年8月1日


大多数の学生には所得がなく、国民年金保険料は親が納めている場合が多く見受けられます。このような親の負担を解消し、在学期間中の保険料を社会人になってから納付できるように、学生の国民年金保険料の支払いを猶予する制度です。

学生納付特例手続きの表
猶予となる期間 4月(または国民年金加入月)から翌年3月まで
手続き期間 平成29年4月分から平成30年3月分の保険料については、平成29年4月3日(月曜日)から

〔過去の学生期間の申請〕
申請手続きをする月の2年1か月前まで遡って申請できます。(すでに保険料が納付済みの月を除く)
手続き可能な方 国民年金第1号被保険者で学生であり、所得が一定基準以下の方
対象となる学校 大学(院)、短期大学、高等学校、専修学校(夜間、定時制課程、通信課程を含む)等
代理人による手続き 可(同一世帯の方)
手続き方法 窓口で申請または郵送で申請
必要書類 ・学生証(発行年月日や入学年度、有効期限のわかるところの写しであれば可)または在学証明書(原本)
・申請日の前年度4月1日以降に退職して学生になった方は、雇用保険被保険者離職票等
その他お持ちいただくもの ・年金手帳(基礎年金番号がわかるもの)
・認印(本人自署のときは不要)
・平成29年4月3日以降、過去の期間の申請をする場合は、在学期間がわかる在学証明書等
・窓口で手続きされる方の本人確認資料(免許証、パスポート等)
追 納 ゆとりができた場合等は、後から保険料を納付することができます。→ Q3参照
所要時間の目安 10分程度(繁忙期、複雑な処理を伴うものは除く)
注意事項 審査、決定には2、3か月程度かかります。後日、日本年金機構から決定通知書が郵送されます。
学校によっては対象校でない場合もあります。また所得が多い方は却下されるときがあります。
前年度に引き続き同制度を利用する人は、日本年金機構から送られてくる申請はがきに必要事項を書いて、同機構に返送してください。

受付窓口・受付時間

受付窓口・受付時間の表
窓口 電話番号 受付時間 休業日
国民年金室 0436-23-9805 午前8時30分から午後5時15分まで 土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日から1月3日
姉崎支所 0436-61-0042 午前8時30分から午後5時15分まで 土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日から1月3日
市原支所 0436-41-0141 午前8時30分から午後5時15分まで 土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日から1月3日
五井支所 0436-21-2156 午前8時30分から午後5時15分まで 土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日から1月3日
三和支所 0436-36-1111 午前8時30分から午後5時15分まで 土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日から1月3日
市津支所 0436-74-0002 午前8時30分から午後5時15分まで 土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日から1月3日
辰巳台支所 0436-74-2211 午前8時30分から午後5時15分まで 土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日から1月3日
南総支所 0436-92-1111 午前8時30分から午後5時15分まで 土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日から1月3日
加茂支所 0436-96-0101 午前8時30分から午後5時15分まで 土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日から1月3日
有秋支所 0436-66-0070 午前8時30分から午後5時15分まで 土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日から1月3日
ちはら台支所 0436-50-2311 午前8時30分から午後5時15分まで 土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日から1月3日

お問い合わせ先

市民生活部 市民課 国民年金室
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 市役所1階
電話:0436-23-9805 ファクス:0436-23-9708

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る