このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

母子及び父子並びに寡婦家庭の各種資金の貸付を受けるとき

更新日:2014年10月29日

母子父子寡婦福祉資金

母子家庭及び父子家庭とは、配偶者のない女子及び男子と現にその扶養を受けている20歳未満の児童で構成されている家庭です。

寡婦とは以下のものです。
 1  配偶者のない女子であって、かつて母子家庭の母であった者。
 2  40歳以上の配偶者のない女子であって、母子家庭の母及び1以外の者。
 注釈:2の場合には所得制限があります。

各種資金には、事業開始・事業継続・就学支度・修学・技能習得・修業・就職支度・医療介護・生活・住宅・転宅・結婚資金があり、無利子又は低利(年1.5%)で貸し付けます。

手続きについて
手続きの方法

随時。
ただし就学支度資金については、新1年生のみ、新年度4月末日までの申請となります。

手続き可能な方 母子及び父子並びに寡婦家庭の方(資金の種類により異なります。)
代理人による手続き 不可。
手続き方法 子ども福祉課 母子・父子自立支援員にご相談ください。
必要書類等
  • 3か月以内に発行された戸籍謄本(離婚等の記載がされている申請者及び児童等)
  • 申請者の実印(印鑑証明証の届出印鑑)
  • 所得証明(源泉徴収票の写し可)
  • 申請者の印鑑証明証
  • 住民票
  • 申請者(連帯債務者)名義の通帳

注釈1
 連帯保証人を設定している場合は、
  ・連帯保証人の住民票(本籍地が記載されているもの)
  ・所得証明(源泉徴収票の写し可)
  ・印鑑証明証
注釈2
 申請者又は児童が外国人の場合は、
  ・在留カード
  ・母子家庭を証明する書類
※その他個々の事由により必要書類が異なりますので、子ども福祉課母子・父子自立支援員までお尋ねください。

手続きにかかる費用 無料
手続き後にお渡しするもの 審査後に千葉県から通知があります。
所要時間の目安 申請書受理から貸付金振込みまで約2か月
注意事項 貸付金制度利用にあたっては、対象要件がありますので、事前に子ども福祉課児童福祉係までお問合せください。

受付時間・受付窓口

受付について
窓口 子ども福祉課
電話番号 0436-23-9802
受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで
休業日 土曜日、日曜日、国民の祝日、休日、12月29日から1月3日まで

お問い合わせ先

子ども未来部 子ども福祉課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎1階
電話:0436-23-9802 ファクス:0436-24-2365

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る