このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

身体障害者手帳の再交付申請(程度変更・障害追加)をする。

更新日:2017年12月18日

身体障害者手帳の障害の程度変更または障害の追加をするために必要な手続きです。

対象者・手続きについて
手続きの時期 随時
手続き可能な方 本人(15才未満の児童についてはその保護者)
代理人による手続き
必要書類

1 再交付申請書
2 身体障害者診断書・意見書(指定医が作成したもの)
※ 診断書の有効期限は、診断日から6ヵ月間です。
3 顔写真1枚(縦4cm×横3cm、過去1年以内に撮影したもの)
4 個人番号を確認できる書類(個人番号カード、通知カード、個人番号が記載された住民票、個人番号入り記載事項証明書等)
※ 個人番号カード以外を提示する場合、本人確認書類が必要となります。
5 印鑑(認印)
※ 再交付申請書、指定医による意見書・診断書の書式は障がい者支援課にありますので、お問い合わせください。

申請場所

市原市役所 障がい者支援課(支所では受け付けておりません。)
郵送でも受け付けています。その場合、上記の必要書類4は写しを添付してください。

手続きにかかる費用 無料です。
手続き後にお渡しするもの 特になし。
所要時間の目安 10分程度
注意事項

1 新しい手帳を受領するまでの間、古い手帳はそのままお使いいただけます。
2 身体障害者診断書・意見書を作成することができる医師は、都道府県により指定されています。(指定医といいます。)交付申請に添付する診断書・意見書は必ず指定医が作成したものを提出してください。
3 指定医に診断書の作成を依頼される前に、必ず、現在のお身体の状況が身体障害者手帳の基準に該当することを確認してください。

平成28年1月からマイナンバー(個人番号)の対象事務となりました。
平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の3分野の行政手続でマイナンバー(個人番号)の利用が始まり、当事務においても、マイナンバー(個人番号)の対象事務となりました。申請の際は御持参ください。

身体障害者手帳の交付について

交付についての審査は千葉県が行います。
手帳ができあがるまで、申請から2カ月くらいかかります。
(不備、訂正等があった場合、更に日数がかかることがあります。)
交付の準備ができましたら、市から通知します。

お問い合わせ先

保健福祉部 障がい者支援課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎2階
電話:0436-23-9815 ファクス:0436-22-3325

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る