このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

コンビニ交付に関するよくある質問

更新日:2018年5月9日

サービスの概要について

Q1.「コンビニ交付」を利用するには、どうしたらいいですか。

A1.市原市に住民登録をされている方が、マイナンバーカードを取得すると利用できます。(ただし、利用者証明用電子証明書の暗証番号(4桁)の登録が必要です。)

個人番号(マイナンバー)カードについて

個人番号カード本人確認の書類及び暗証番号について

Q2.コンビニでは、どういった証明書が取得できますか。

A2.コンビニ交付では、

  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 戸籍全部(個人)事項証明書
  • 戸籍の附票の写し

以上が、取得できます。

Q3.コンビニのキオスク端末機(マルチコピー機)の操作方法はどのようなものですか。

A3.キオスク端末機の「行政サービス」を選択し、所定の位置にマイナンバーカードを置き暗証番号を入力後、タッチパネルの案内画像を見ながら操作することで証明書が取得できます。

新規ウインドウで開きます。証明書の取得方法(外部リンク)

住民票について

Q1.コンビニ交付で取得できる住民票の写しは、誰のどんな種類ですか。

A1.マイナンバー持ち主の「本人のみ」、「世帯全員」、「世帯の一部」の現在の住民票の写しが取得できます。世帯分離をしている場合など別世帯の住民票、転出者、死亡者の除票、履歴のわかる住民票、住民票記載事項証明書は取得できません。

Q2.マイナンバーを記載した住民票の写しはコンビニ交付で取得できますか。

A2.コンビニ交付でマイナンバー入りの住民票は発行できません。市役所または支所の窓口で取得願います。

印鑑登録証明書について

Q1.コンビニ交付開始後、いちはら市民カード・印鑑登録証はどうなりますか。

A1.コンビニ交付で使用するのはマイナンバーカードですが、自動交付機や窓口で、印鑑登録証明書を取得する時にいちはら市民カード・印鑑登録証は使用しますので、捨てずに保管してください。

印鑑登録

その他

Q1.証明書を間違えて取得してしまった。証明書の交換及び手数料の返金はできますか。

A1.申し訳ございませんが、証明書の交換及び手数料の返金は一切いたしかねます。

Q2.コンビニのキオスク端末機(マルチコピー機)で証明書を取得すると、個人情報が漏れたりしませんか。

A2.専用のネットワーク回線と通信内容の暗号化により、個人情報の漏えいを防ぎます。キオスク端末機の証明書データと利用者情報は、証明書の印刷後に完全に消去されます。

新規ウインドウで開きます。コンビニ交付とは(J-LIS)(外部リンク)

Q3.どんな紙に印刷されますか。偽造される心配はありませんか。

A3.市の窓口では専用の改ざん防止用紙を使用していますが、コンビニ交付サービスでは、高度な改ざん防止策が複数施された普通紙に印刷し、証明書の改ざん・偽造の有無が判別できる仕組みとなっています。

新規ウインドウで開きます。コンビニ交付とは(J-LIS)(外部リンク)

Q4.利用者証明用電子証明書とはなんですか。

A4.マイナンバーカードに搭載されている電子証明書で、4桁の暗証番号を入力することで、ログインした方が利用者本人であることを証明するものです。証明書のコンビニ交付やインターネットサイト(マイナポータルなど)へのログイン時に使用します。

新規ウインドウで開きます。サービスご利用前の準備(外部リンク)

Q5.利用者証明用電子証明書を設定するためにはどうしたらよいか。

A5.マイナンバーカードの受取り時に、利用者証明用電子証明書の暗証番号の設定をされていれば、そのまま利用できますが、受取り時に設定されていない方については、マイナンバーカードを申請された本人が市民課または支所にお越しいただくことにより、追加することができます。

公的個人認証サービス(電子証明書)

個人番号カード本人確認の書類及び暗証番号について

コンビニ交付についてのページに戻る。

お問い合わせ先

市民生活部 市民課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎1階
電話:0436-23-9803 ファクス:0436-24-8853

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る