このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

印鑑登録

更新日:2018年4月18日

印鑑登録をすると印鑑登録証(印鑑登録カード)をお渡しします。以降はこのカードのみで印鑑証明書が取得できます。
印鑑登録証明書が必要なときは必ずカードをお持ちください。このカードがないと証明書の発行はできません。
窓口で印鑑登録証明書を取得する場合には、申請書の記入が必要です。
また、暗証番号を登録した専用カードで自動交付機を利用することができます。

  • 料金

印鑑登録料(1件)300円
印鑑登録証明書(1通)300円

「印鑑登録証(黄色カード)」を「いちはら市民カード印鑑登録証」に無料で引き換え手続きいたします。

従来の黄色の印鑑登録カードを自動交付機で利用できる「いちはら市民カード印鑑登録証」に無料で引き換えることができます。利用を希望する方は、市民課または支所の窓口で手続きしてください。

自動交付機での住民票・印鑑登録証明書の交付

受付場所

市民課または各支所の窓口。
月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分。
第1、第3日曜日の市民課日曜開設時。

登録できる人

次の二つの要件を満たしている方

  1. 満15歳以上の方
  2. 市原市に住民登録をしている方
  • 15歳未満の方および成年被後見人など本人の意思を明示することができない方は、印鑑登録することができません。

登録できる印鑑

  • 1人1個登録ができます。1個の印鑑を2人以上で印鑑登録することはできません。
  • 印影が8mm以上25mm以下のものに限ります。
  • 氏名を表すもの、氏もしくは名だけ、氏名の一部を組み合わせたものであれば、登録ができます。
登録できる文字
氏と名を刻印したもの 例)市原太郎
氏のみ刻印したもの 例)市原
名のみ刻印したもの 例)太郎
氏および名の一部を刻印したもの 例)市原太
氏の頭文字に名の頭文字を組み合わせ刻印したもの 例)市太
氏名に「之印」「の印」などを組み合わせたもの 例)市原太郎之印
登録できない文字
氏の末尾字と名の末尾字を組み合わせ刻印したもの 例)原郎
氏の全部または一部をひらがなまたはカタカナに書き替えたもの 例)いちはら
氏名に職業や役職名などを組み合わせたもの  
芸名、ペンネーム、通称名(日本人の方)で刻印したもの  

音訓が同じで別字に替えて刻印したもの

例)弘→博司
例)美代→美世

登録できない印鑑

  • 住民登録されている氏名、氏または名と異なるもの。
  • 職業や資格などの事項が加えられているもの。
  • 印鑑の大きさが1辺の長さ8mm正方形以下のもの。
  • 印鑑の大きさが1辺の長さ25mm正方形以上のもの。
  • 印影が不鮮明なものまたは文字の判読が困難なもの。
  • 輪郭がないもの、4分の1以上欠けているもの。
  • 印章が逆に刻印されているものや指輪型のもの。
  • 唐草模様や竜紋などを組み合わせたもの。
  • 損傷したと同様な状態で作成したもの。
  • その他、登録する印鑑として適当でないと市長が認めたもの。

登録の手続き

印鑑登録は即日登録できる場合と、後日登録になる場合があります。
また、本人・代理人にかかわらず、本人確認書類が運転免許証の場合は、運転免許証識別装置による確認をお願いしております。運転免許証以外の本人確認書類の提示等をお願いすることがございますので、あらかじめ健康保険証等もご用意ください。

申請と同時に登録ができる場合

次の(1)または(2)の場合は、即日印鑑登録し、印鑑証明書の発行ができます。
(1)顔写真付きの官公署の発行した証明書(運転免許証、パスポートなど)を提示できる場合

  1. 本人が直接窓口まで申請に来る。
  2. 登録する印鑑を持参する。
  3. 顔写真付きの官公署の発行した身分証明書(運転免許証、写真付き住民基本台帳カード、パスポートなど)を提示する。
  4. 自動交付機の利用をする場合は暗証番号を登録する

注意
運転免許証以外の本人確認書類の提示等をお願いすることがありますので、あらかじめ健康保険証等もご用意ください。

(2)顔写真付きの官公署の発行した証明書(運転免許証、パスポートなど)を提示できないが、保証人がいる場合。

  1. 本人が直接窓口まで申請に来る。
  2. 登録する印鑑を持参する。
  3. 本人確認書類(健康保険証など)を提示する。
  4. 保証人が一緒に窓口に来て、保証書を提出する。
  5. 保証人(すでに市原市に印鑑登録をしている成年者)の登録している印鑑、印鑑登録証(印鑑登録カード)、本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)を持参する。
  6. 自動交付機の利用をする場合は暗証番号を登録する。

後日登録となる場合

次の(3)または(4)の場合は、申請後に文書照会により本人の意思を確認をし、後日回答書を持参して窓口まで再度来ていただいたときに登録が完了し、印鑑証明書の発行ができます。
(3)顔写真付きの官公署の発行した証明書(運転免許証、パスポートなど)を提示できず、保証人がいない場合。

1回目

  1. 本人が直接窓口まで申請に来る。
  2. 登録する印鑑を持参する。
  3. 本人確認書類(健康保険証など)を提示する。

2回目

  1. 本人が直接窓口まで申請に来る。
  2. 登録する印鑑を持参する。
  3. 郵送された回答書を持参する。
  4. 本人確認書類(健康保険証など)を持参する。
  5. 回答書の指定期日までに、1回目の申請をした窓口で登録してください。
  6. 自動交付機の利用をする場合は暗証番号を登録する。

(4)代理人が申請する場合

1回目

  1. 代理人が直接窓口まで申請に来る。
  2. 登録する印鑑を持参する。
  3. 代理人選任届(委任状)を提出する。
  4. 代理人の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)を提示する。
  5. 申請者本人と連絡が取れる電話番号が必要です。

注意

  • 申請時に申請者本人に電話連絡を取り、意思確認をさせていただきます。電話連絡が取れるようにして来てください。

2回目

  1. 代理人が直接窓口まで申請に来る。
  2. 登録する印鑑を持参する。
  3. 郵送された回答書を持参する。
  4. 申請者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)を提出する。
  5. 代理人の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)を提出する。
  6. 代理人選任届(委任状)を提出する。

注意

  • 回答書には指定期日があります。指定期日までに、1回目の申請をした窓口で登録してください。
  • 代理人が申請した場合の印鑑登録カードでは自動交付機を利用するための暗証番号の登録はできません。利用する場合は、後日、本人が窓口で手続きする必要があります。
  • 代理人選任届をダウンロードし、参考にしてください。代理人選任届は本人が直筆で記入してください。

印鑑証明書の発行

  • 印鑑登録証(印鑑登録カード)を持参してください。
  • 窓口で、登録者本人の住所、氏名、生年月日を申請書に記入してください。
  • すでに登録してある方は、印鑑を持参しなくても印鑑証明書がとれます。

自動交付機の利用

平成17年11月からは、登録の手続き(1)(2)(3)により印鑑登録をしたときに、あわせて自動交付機を利用するための暗証番号の登録をすることができます。
代理人によって申請した場合は自動交付機を利用するための暗証番号は登録できません。利用するには、後日、本人が窓口にきて暗証番号を登録してください。

すでに登録をしてある方の証明書を代理の方がとりに来るとき

  • 印鑑登録証(印鑑登録カード)を持参してください。
  • 窓口で、登録者本人の住所、氏名、生年月日を記入していただきますので明確にして来てください。また、窓口に来た方の住所、氏名をあわせて記入していただきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

市民生活部 市民課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎1階
電話:0436-23-9803 ファクス:0436-24-8853

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る