このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

新市原市次世代育成支援行動計画(前期計画)

更新日:2017年4月11日

本市は、2014年4月に改正された次世代育成支援対策推進法や笑顔が広がるいちはらっこの子育ち支援条例に基づき、18歳未満のすべての子どもと家庭・地域・事業者・各種団体など地域社会で子育ちを支援するすべての人を対象に、「新市原市次世代育成支援行動計画(前期計画)」を策定しました。
本計画は、子育て家庭に係る諸課題等への対応や条例の目指すまちの実現を進めていくため、次世代育成支援対策の方向性や具体的な取り組みを示すものです。

計画の期間

2017年度から2019年度の3年間になります。
2020年度からは、後期計画を策定予定です。

基本理念

地域社会全体で優しく子どもや子育て家庭を支え、子育ての喜びにより、子どもの笑顔や大人の笑顔が満ちあふれるまちの実現ができるよう、基本理念を「いちはらっこを優しく育む、みんなの笑顔が輝くまち」と定め、その実現に取り組むこととします。

基本目標と施策体系

基本目標1:仕事と子育てが両立しやすい、女性が活躍できるまち
 1 ワーク・ライフ・バランスの実現
 2 待機児童解消に向けた取り組みの推進
 3 多様なニーズに対する保育の充実

基本目標2:誇りと愛着を育む地域総ぐるみの子育ち支援ができるまち
 1 子育ちを支える地域社会の形成
 2 地域における子育ち支援の充実
 3 児童の健全育成

基本目標3:妊娠から出産、子育てまでの切れ目のない支援等による安心して子どもを産み育てることのできるまち
 1 子育てネウボラによる切れ目のない支援
 2 親子の健康の確保及び増進
 3 育児・教育にかかる経済的負担の軽減
 4 子育てにやさしい生活環境の整備

基本目標4:子どもたちが夢をもって学び、自分らしく成長できるまち
 1 質の高い幼児教育の提供
 2 確かな学力・豊かな心を育む教育環境の整備
 3 生涯学習機会の充実

基本目標5:すべての子どもが健やかに育つまち
 1 ひとり親家庭等への支援の充実
 2 児童虐待防止対策の充実
 3 貧困の連鎖防止に向けた施策の充実
 4 障がい児支援の充実

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

子ども未来部 子ども福祉課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎1階
電話:0436-23-9802 ファクス:0436-24-2365

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る