このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

児童扶養手当と公的年金の差額の受給が可能になります

更新日:2015年4月9日

これまで、公的年金等(※)を受給できる方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります。

児童扶養手当を受給するためには、子ども福祉課への申請が必要です。

(※)公的年金等・・・遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など

新たに支給対象となる方

下記のいずれかに該当する方で、公的年金給付額が児童扶養手当額より低い方

・公的年金給付等を受給するひとり親家庭の父または母
・公的年金給付等を受給する父母に代わってお子さんを養育する方(養育者)
・公的年金給付等を受給もしくは年金の加算対象のお子さんを養育するひとり親家庭の父または母、
 もしくは養育者

【受給できる例】
・お子さんを養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合
・父子家庭で、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
・母子家庭で、離婚後に父が死亡し、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合など

(参考)児童扶養手当の月額(平成27年4月~)

・子ども1人の場合
 全部支給:42,000円
 一部支給:41,990円~9,910円(所得に応じて決定されます)
・子ども2人以上の加算額
 2人目:5,000円、3人目以降1人につき:3,000円

支給開始時期について

・手当は申請の翌月分から支給が開始されます。ただし、これまで公的年金を受給していたことにより児童
 扶養手当を受給できなかった方のうち、平成26年12月1日に支給要件を満たしている方が、平成27年3月
 までに申請した場合は、平成26年12月分の手当から受給できます。

・平成26年12月~平成27年3月分の手当は、平成27年4月に支払われます。

児童扶養手当が支給停止される場合

公的年金給付額が児童扶養手当額を超える場合や、申請者等の所得が児童扶養手当所得制限限度額を超える場合には、手当の一部または全部が支給停止されます。

お問い合わせ先

子ども未来部 子ども福祉課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 市役所1階
電話:0436-23-9802 ファクス:0436-24-2365

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る