このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

寡婦(夫)控除のみなし適用について

更新日:2014年9月1日

制度の概要

未婚のひとり親家庭においては、寡婦(夫)控除の適用がありません。その結果、所得税・住民税をはじめ、これらを算定の基礎とする市の保育所保育料などは、寡婦(夫)控除の適用のある婚姻歴のあるひとり親家庭と比べて、同じ境遇にもかかわらず負担額が高くなっています。

そのため、保育所保育料,学童保育料等について、保育料算定のもととなる前年分の所得税課税額及び前年度分の市民税課税額を寡婦控除があったものとみなして算定し、保育料の負担軽減を図ります。

対象者

婚姻によらないで父または母となった方で、今までに婚姻暦のない方。
※婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある方は含みません。

適用開始時期

平成26年4月1日から

申請方法

保育課までお問い合わせください。

お問い合わせ先

子ども未来部 保育課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 市役所1階
電話:0436-23-9829 ファクス:0436-24-2365

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る