このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

いちはら障がい者福祉共生プラン(2018~2026)を策定しました!

更新日:2018年5月24日

1.計画策定の趣旨

 いちはら障がい者福祉共生プランは、障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら、共生社会の実現に向けて障がい者福祉施策を推進するため、障害者基本法に基づく「市原市障がい者基本計画」と、障害者総合支援法及び児童福祉法に基づく「第5期市原市障がい福祉計画」及び「第1期市原市障がい児福祉計画」を一体的に策定するものです。
 また、国・県の計画を上位計画とするとともに、市原市総合計画の基本計画を構成する個別計画として位置づけるものです。

2.計画の構成・期間

(1)市原市障がい者基本計画
  計画期間:2018~2026年度(9年間)
  本市の障がい者福祉施策を総合的・計画的に展開・推進するための計画です。また、施策を着実に推進するために、具体的な事業工程を定めるアクションプランを併せて策定しています。
(2)第5期市原市障がい福祉計画
  計画期間:2018~2020年度(3年間)
  3年を1期とする法定計画で、主に各年度における障害福祉サービスの見込量の算定等を目的とします。
(3)第1期市原市障がい児福祉計画
  計画期間:2018~2020年度(3年間)
  3年を1期とする法定計画で、主に各年度における障害児通所支援及び障害児相談支援の見込量の算定等を目的とします。

3.基本理念

障がいの有無によって 分け隔てられることなく
誰もが 地域の一員として 共に支え合い
自分らしく いきいきと活躍できるまちを目指して

4.基本目標

≪基本目標1≫地域生活の支援体制の整備
【施策の柱】生活支援サービスの充実、保健・医療の充実、防災・防犯対策等の充実
≪基本目標2≫障がい児に対する支援体制の整備
【施策の柱】療育・教育等の充実
≪基本目標3≫自立した生活の確保
【施策の柱】就労支援の充実、生活環境の整備
≪基本目標4≫社会参加の促進
【施策の柱】交流機会の拡充、権利擁護の推進
≪基本目標5≫障がい者への理解促進
【施策の柱】地域による支え合いの推進

5.ダウンロード

こちらから計画書をダウンロードできます。
【概要版】いちはら障がい者福祉共生プラン(PDF:4,998KB)
【計画書全体】いちはら障がい者福祉共生プラン(PDF:5,095KB)
表紙(PDF:467KB)
はじめに(PDF:180KB)
目次(PDF:88KB)
第1編_総論(PDF:2,223KB)
・第1章_計画の策定にあたって
・第2章_計画の位置づけ
・第3章_本市の現状と課題
第2編_市原市障がい者基本計画(PDF:1,510KB)
・第1章_計画の基本的な考え方
・第2章_アクションプラン
第3編_第5期市原市障がい福祉計画/第1期市原市障がい児福祉計画(PDF:622KB)
・第1章_国の基本指針に関わる本市の目標
・第2章_障害福祉サービス等の見込量と確保方策
・第3章_地域生活支援事業の見込量と確保方策
第4編_計画の実施体制(PDF:358KB)
資料編(PDF:204KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

保健福祉部 障がい者支援課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎2階
電話:0436-23-9815 ファクス:0436-22-3325

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る