このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

地域で健康づくりを ~住民主体の通いの場事業~

更新日:2018年9月1日

「通いの場」とは?

通いの場とは、高齢者の方々が「日常的に」「お住いの地域で」「地域の方々とふれあう」ことが出来る場のことです。地域住民が活動主体となって、地域にある集会所などを活用して、体操などの軽運動や、お茶を飲みながらの歓談、趣味活動など、様々な活動を行います。

通いの場補助金

制度の概要

毎週1回程度、通いの場の活動に取り組む住民主体の団体に対して、市が補助金を交付することで支援を行うものです。

対象となる団体

毎週1回程度通いの場に取り組む団体で、以下の条件を満たすものとします。
(1)本市の市民で構成されること
(2)代表者および会計管理者を各1名置くこと
(3)に掲げる事項のいずれにも該当しないこと

  • 営利目的で事業を実施する団体
  • 政治活動や宗教活動を行う団体
  • 暴力団やその統治下にある団体
  • その他、法令に違反すると認められる団体

(4)通いの場の開催場所、開催日時、参加料、連絡先、内容等の市原市ウェブサイトへの掲載に同意すること

補助金の要件

開催会場

  • 定期的に開催が可能である屋内の場所を確保し、当該会場を中心に活動を行うこと
  • 当該会場が中心であれば、開催内容に応じて屋外での活動も可

開催回数

  • 週1回、年間に換算して40回以上開催すること
  • 開催1回あたり、2時間以上開催すること
  • 開催1回あたり、概ね10名以上の参加が見込まれること

参加対象者

  • 市内に住所を有する65歳以上の高齢者とする
  • 過半数が高齢者であれば、65歳未満の方の参加も可
  • 地域にお住まいの方であれば、誰でも参加できるよう配慮すること(例えば、町会未加入者の参加を認めないなどは不可)

開催内容

  • 開催内容は原則自由とする。ただし、介護予防となる体操などの活動を取り入れること
  • 誰もが参加できるよう、特定の活動に限定されないよう配慮すること(例えば、特定の趣味活動しか行わないなどは認められない)

記録書類

  • 参加者の氏名、住所、性別、緊急連絡先等の情報を記録し、名簿等により管理しておくこと。なお、個人情報であることから、通いの場の活動に関連すること以外で利用することが無いよう、取り扱いには最大限注意を払うこと
  • 開催にあたり、活動内容を明らかにするために活動日誌を記録すること

補助金額

補助金額表
項目 補助金額 備考
基本額(a) 100,000円 交付の基本となる補助金です
加算額 立ち上げ支援額(b) 100,000円 立ち上げ初年度の準備金として交付される補助金です
会場加算額(c) 250,000円 開催会場の使用料や賃借料のために交付される補助金です
開催回数加算(d) 20,000円 当該年度の開催回数が50回を超え、10回毎に加算されます(ただし、100,000円が限度です)

(注釈)立ち上げ加算額は、初年度のみの交付です

補助対象経費

補助対象経費一覧
項目 内容
運営費 開催する内容に伴い発生する経費
備品購入費 通いの場に必要となる備品の購入費用(10万円が限度)
諸経費 開催の準備や事務手続きなどの開催以外に発生する経費
会場設営費 開催会場の確保のための経費

補助対象経費の具体例については、ページ下部にある「通いの場事業実施マニュアル」をご覧ください

補助金の交付手続き

補助金の交付を受ける場合は、年度初め(または通いの場の立ち上げ時)に交付申請書類、年度末に実績報告書類を高齢者支援課まで提出する必要があります。
なお、活動にあたって資金が必要と考えられることから、補助金の交付決定額の9割を限度に前金払いの請求が可能です。

交付申請書類

実績報告書類

住民主体の通いの場一覧

市原市内で毎週1回以上開催している通いの場の一覧です。自分のお住まいの地域にある通いの場をチェックし、ぜひ、参加してみましょう。

通いの場実施の参考に

通いの場事業実施マニュアル

通いの場の立ち上げ方法や開催内容の例、補助金手続き書類の書き方など、通いの場に必要な事項をマニュアルとしてまとめましたので、是非、参考としてください。
補助金の申請をする場合は、本マニュアルを読んでいただくとともに、事前に高齢者支援課までご相談ください。

通いの場に使える参考様式

通いの場を運営・活動するにあたって必要となる記録書類の参考様式です。是非、ご活用ください。
この様式でなく、独自のものを使っていただいても構いません。

通いの場の試行的に開催します!(月1回の通いの場)

通いの場について市民の皆さまに知っていただくことや、地域において通いの場の担い手となるリーダーの育成などを目的に、平成30年度と平成31年度の2年間において、市と市原市社会福祉協議会が協力して、試行的に通いの場を実施します。
市内11地区の地区社会福祉協議会が地区の中心になり、地域の関係団体と連携しながら、毎月1回程度通いの場を開催します。

通いの場事業実施マニュアル(月1回版)

地区社会福祉協議会と連携して月1回の通いの場を実施していただける団体向けのマニュアルを作成しましたので、参考としてください。

市原市高齢者通いの場推進事業用(月1回用)様式

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

保健福祉部 高齢者支援課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎2階
電話:0436-23-9873 ファクス:0436-24-7135

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る