このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

介護保険で利用できるサービス

更新日:2018年7月4日

介護サービスには、在宅サービス、地域密着型サービス、施設サービスがあります。
利用者の心身の状態その他に応じ必要な介護サービスを総合的に受けることができます。(要介護状態区分によっては、一部利用できないサービスもあります。)
要介護の認定を受けた方は、在宅サービス、地域密着型サービス、施設サービスを利用できます。
要支援の認定を受けた方は、在宅サービス、地域密着型サービスを利用できます。

在宅サービス

訪問介護(ホームヘルプ)  介護予防訪問介護相当サービス

(要介護1から5の人)
ホームヘルパーが居宅を訪問し、入浴、排泄、食事等の身体介護や調理、洗濯、買い物などの生活援助を行います。通院などを目的とした、乗降介助(介護タクシー)も利用できます。
(要支援1、2の人)
利用者が自力では困難な行為について、同居家族の支援や地域の支えあい・支援サービスなどが受けられない場合には、ホームヘルパーによるサービスが提供されます。

訪問入浴介護  介護予防訪問入浴介護

(要介護1から5の人)
介護士と看護師が家庭を訪問し、浴槽を提供しての入浴介護を行います。
(要支援1、2の人)
居宅に浴槽がない場合や、感染症などの理由からその他の施設における浴室の利用が困難な場合などに限定して、訪問による入浴介護が提供されます。

訪問リハビリテーション  介護予防訪問リハビリテーション

(要介護1から5の人)
居宅での生活行為を向上させるために、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が訪問によるリハビリテーションを行います。
(要支援1、2の人)
居宅での生活行為を向上させる訓練が必要な場合に、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が訪問により短期集中的なリハビリテーションを行います。

訪問看護 介護予防訪問看護

(要介護1から5の人)
疾患等を抱えている人について、看護師等が居宅を訪問して、療養上の世話や診療の補助を行います。
(要支援1、2の人)
疾患等を抱えている人について、看護師が居宅を訪問して、介護予防を目的とした療養上の世話や診療の補助を行います。

通所介護(デイサービス)  介護予防通所介護相当サービス

(要介護1から5の人)
通所介護施設で、食事、入浴などの日常生活上の支援や、生活行為向上のための支援を日帰りで行います
(要支援1、2の人)
通所介護施設で日常生活上の支援などの共通的サービスと、その人の目標に合わせた選択的サービス(運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上など)を提供します。

通所リハビリテーション(デイケア)  介護予防通所リハビリテーション

(要介護1から5の人)
老人保健施設や医療機関等で、食事、入浴などの日常生活上の支援や生活行為向上のためのリハビリテーションを、日帰りで行います。
(要支援1、2の人)
老人保健施設や医療機関等で、共通的サービスとして日常生活上の支援やリハビリテーションを行うほか、その人の目標に合わせた選択的サービス(運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上)を提供します。

居宅療養管理指導  介護予防居宅療養管理指導

(要介護1から5の人)
医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが居宅を訪問し、療養上の管理や指導を行います。
(要支援1、2の人)
医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが居宅を訪問して、介護予防を目的とした療養上の管理や指導を行います。

短期入所生活/療養介護(ショートステイ)  介護予防短期入所生活/療養介護

(要介護1から5の人)
福祉施設や医療施設に短期間入所して、日常生活上の支援や機能訓練などが受けられます。
(要支援1、2の人)
福祉施設や医療施設に短期間入所して、介護予防を目的とした日常生活上の支援や機能訓練が受けられます。

福祉用具貸与  介護予防福祉用具貸与

(要介護1から5の人)
日常生活の自立を助けるための福祉用具を貸与します。

  • 車いす
  • 車いす付属品
  • 特殊寝台
  • 特殊寝台付属品
  • 床ずれ防止用具
  • 体位変換器
  • 手すり(工事をともなわないもの)
  • スロープ(工事をともなわないもの)
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ
  • 認知症老人徘徊感知機器
  • 移動用リフト(つり具を除く)

(要支援1、2の人)
福祉用具のうち介護予防に資するものについて貸与を行います。

  • 手すり(工事をともなわないもの
  • スロープ(工事をともなわないもの)
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ

※要支援1、2及び要介護1の人には、車いす(付属品含む)、特殊寝台(付属品含む)、床ずれ防止用具、体位変換器、認知症老人徘徊感知機器、移動用リフトは原則として保険給付の対象となりません。

特定福祉用具購入費支給

入浴や排泄などに使用する福祉用具の購入にかかる費用の一部が支給されます。

支給対象となる福祉用具

  • 腰掛便座
  • 入浴補助用具
  • 移動用リフトのつり具
  • 自動排泄処理装置の交換可能部品
  • 簡易浴槽

※都道府県指定の特定福祉用具販売事業者から購入した場合に支給の対象となります。

住宅改修費支給

居住する住宅において、手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修をした費用の一部を支給します。

対象となる住宅改修の種類

  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
  • 引き戸等への扉の取替え
  • 洋式便器等への便器の取替え
  • その他(上記の改修に付帯して必要となるもの)

※改修工事着工前の申請が必要になります。

地域密着型サービス

高齢者が住み慣れた地域での生活を継続できるよう、身近な生活圏域ごとにサービスの拠点をつくり支援していきます。原則として他の市区町村のサービスは利用できません。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

日中・夜間を通じて、定期的な巡回訪問による入浴、排泄、食事などの介護や、通報による随時訪問により緊急時の対応などが受けられます。
※要支援1、2の人は利用できません。

夜間対応型訪問介護

24時間安心して在宅生活が送れるよう、巡回や通報システムにより対応する夜間専用の訪問介護です。
※要支援1、2の人は利用できません。

地域密着型通所介護

定員が18人以下の小規模な通所介護施設で、食事、入浴などの日常生活の支援や、生活行為向上のための支援を日帰りで行います。

認知症対応型通所介護(認知症デイサービス)

10人から12人の小グループで、認知症の人を対象に専門的なケアを提供する通所介護です。

小規模多機能型居宅介護

小規模な施設での日中の通所サービスを中心に、利用者の状態や希望に応じて訪問サービスや泊まりでのサービスを受けられます。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症高齢者が、介護スタッフによる日常生活上の世話を受けながら生活する共同住宅です。
※要支援1の人は利用できません。

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

入所定員が30人未満の小規模な介護老人福祉施設に入所する人が、日常生活上の世話や機能訓練などのサービスを受けられます。
※要支援1、2の人は利用できません。また、平成27年4月から、新規に入所できるのは原則要介護3以上の人となりました。

看護小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護と訪問看護を組み合わせ、通所、訪問、宿泊により介護や医療、看護のケアが受けられます。
※要支援1、2の人は利用できません。

施設サービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

常時介護が必要で居宅での生活が困難な人が入所して、日常生活上の支援や介護が受けられます。
※要支援1、2の人は利用できません。また、平成27年4月から、新規に入所できるのは原則要介護3以上の人となりました。

介護老人保健施設(老人保健施設)

状態が安定している人が在宅復帰できるよう、リハビリテーションを中心としたケアを行います。
※要支援1、2の人は利用できません。

介護療養型医療施設(療養病床等)

急性期の治療を終え、長期の療養を必要とする人のための医療施設です。
※要支援1、2の人は利用できません。

サービス事業者一覧・検索

サービス事業者一覧

  • 在宅サービス
  • 地域密着型サービス
  • 施設サービス

※事業者の詳細情報及び市外の事業者については、介護事業所検索「介護サービス情報公表システム」または「ちば福祉ナビ」でご確認ください。

介護事業所検索

新規ウインドウで開きます。介護サービス情報公表システム(外部リンク)

全国約24万か所の事業所情報が検索・閲覧できます。

新規ウインドウで開きます。ちば福祉ナビ(外部リンク)

千葉県内の各福祉施設の詳細情報が検索・閲覧できます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

保健福祉部 高齢者支援課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎2階
電話:0436-23-9873 ファクス:0436-24-7135

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る