このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~

更新日:2020年2月20日

“社会を明るくする運動”とは?

 “社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安心・安全な地域社会を築くための全国的な運動です。

関連情報へのリンク


法務省ホームページ(外部リンク)

新規ウインドウで開きます。千葉県ホームページ(外部リンク)

新規ウインドウで開きます。鉄拳の“社会を明るくする運動”with法務省(第66回社会を明るくする運動“ショートムービー)(外部リンク)

※YouTubeのサイトへリンクします

“社会を明るくする運動”市原市作文コンテスト

 “社会を明るくする運動”市原市推進委員会では、次代を担う小・中学生の皆さんに、日常の家庭生活や学校生活の中で体験したことをもとに、犯罪・非行のない地域社会づくりや犯罪・非行などに関して考えたこと、感じたことを作文に書くことを通じて、本運動に対する理解を深めてもらうことを目的として、作文コンテストを実施しています。
 令和元年度は応募総数1,294作品の中から8作品が入賞し、令和2年1月27日に入賞者への表彰式を行いました。 

最優秀賞
部門 氏名 学校名 作品タイトル
小学生の部 新橋 千春(しんばし ちはる)

国府小学校
(現在 国分寺台西小学校)

「未来を守る言葉がけ」
中学生の部 稲葉 志歩(いなば しほ) 姉崎中学校 「大家族」
優秀賞
部門 氏名 学校名 作品タイトル
小学生の部 田中 涼瑛(たなか りょうえい) 国分寺台東小学校 「明るい社会のためにぼくが出来ること」
山内 空(やまうち くう) 菊間小学校 「支え合う社会」
本宮 琉海子(もとみや るみこ) 五井小学校 「当たり前で人は変わる」
中学生の部 阿部 仁美(あべ ひとみ) 有秋中学校 「社会を明るくするために」
古田 眞緒(こだ まお) 国分寺台中学校 「社会をあかるくするために」

宮澤 佑果(みやざわ ゆか)

市東中学校 「手をつなごう、明るい社会」

※学校名は受賞決定時のものです。

お問い合わせ先

保健福祉部 地域包括ケア推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎2階
電話:0436-23-7605 ファクス:0436-24-7135

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る