このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

日本脳炎予防接種

更新日:2017年4月1日

日本脳炎の症状

豚などの体内で増えた日本脳炎ウイルスが、蚊によって媒介されて感染します。7~10日の潜伏期間の後、高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなどの症状を示す急性脳炎になります。人から人への感染はありません。

ワクチンについて

乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンは不活化ワクチンです。1回の接種では免疫力が高くならないため、1期3回の接種を受けた後、2期1回の接種を受けることで免疫が高く持続されるタイプのワクチンです。
ワクチンの接種に関しての疑問があるときや情報については、厚生労働省の「日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A」こちらをご覧ください。

副反応について

局所の副反応:発赤、内出血、疼痛、はれ、しこり、かゆみ
全身の副反応:発熱、じんましん、頭痛、咳、鼻みず、のどの痛み
重大な副反応:ショック、アナフィラキシー、脳炎、けいれん、血小板減少性紫斑病

接種時期及び回数、間隔

対象年齢

標準接種年齢

接種回数

接種間隔の注意

1期

生後6か月~
90か月未満

3歳 初回接腫2回

1回目の接種日を0日として、中6日から28日までの間隔で2回接種

4歳

追加接種1回

2回目からおおむね1年あけて接種
(2回目から最低6ヶ月あける)

2期 9歳~13歳未満 小学校4年生の年度内

1回接種

 

日本脳炎予防接種の特例接種について

平成17年からの積極的な勧奨の差し控えによって、日本脳炎の予防接種の機会を逃した、平成19年4月1日以前に生まれた方は、20歳未満の間に、また平成19年4月2日生まれから平成21年10月1日生まれの方は、9歳以上13歳未満の間に特例接種を受けることができます。
上記接種回数のうち、不足の回数を接種してください。
ご不明な点はご連絡ください。

お問い合わせ先

保健福祉部 保健センター
市原市更級5丁目1番地27
電話:0436-23-1187 ファクス:0436-23-1295

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る