このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

麻しん(はしか)の発生について

更新日:2018年11月8日

千葉県内では、松戸市などで11月7日までに24例の麻しんの報告がありました。(前年は3例)
麻しんにかかったことがない方が海外等の麻しんが流行している地域に行かれる場合は、以下の点に注意しましょう。

  • 麻しんの予防接種歴を母子手帳などで確認してください。
  • 麻しんの予防接種を2回接種していない方は、予防接種を検討してください。

新規ウインドウで開きます。千葉県 麻しん(はしか)の発生について(外部リンク)

海外渡航者への注意喚起について

今年の3月以降、海外からの輸入症例を契機として、沖縄県で麻しんが流行しました。
海外に渡航された方は、2週間程度は麻しん発症の可能性も考慮して健康状態に注意してください。
麻しんの疑いがある場合には、事前に医療機関に連絡してから公共交通機関の利用を避けて受診してください。

〈参考外部リンク〉

麻しんとは

  • 麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症で、空気感染、飛沫感染、接触感染によりヒトからヒトに感染が伝播します。その感染力は非常に強いと言われており、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。
  • 感染すると、約10~12日の潜伏期間の後、38℃前後の発熱が2~4日間続き、咳や鼻水といった風邪のような症状が出ます。その後、少し体温が下がり、再び高熱(多くは39℃以上)が出るとともに、発疹が出現します。発疹出現後3~4日間で解熱し症状は軽快、合併症のないかぎり7~10日後には症状が回復します。
  • 麻しんは発熱が長く続き、体力の消耗が激しいため、合併症がなくても入院を要することが少なくありません。
  • 近年はワクチンの2回接種が行われ、麻しんに感染する方の人数は減っていますが、海外の流行国への渡航歴がある人やその接触者で患者が発生しています。

麻しんの感染予防

  • 個人でできる唯一有効な予防方法は、麻しん含有ワクチンを接種し、免疫をあらかじめ獲得しておくことです。
  • 麻しんにかかったことがなく、かつ麻しん含有ワクチンを一度も接種したことがない人は、麻しんに対する免疫を持たないので、早めのワクチン接種をお勧めします。
  • 子どもに対しては、定期接種(法律で定めれらた予防接種)として2回麻しん・風しん混合ワクチンを接種する機会があります。対象の方は、早めに接種を受けましょう。詳しくはこちらへ。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

保健福祉部 保健センター
市原市更級5丁目1番地27
電話:0436-23-1187 ファクス:0436-23-1295

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る