このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

高齢者の肺炎球菌予防接種(定期)

更新日:2018年9月18日

高齢者の肺炎球菌予防接種は、予防接種法のB類予防接種(接種を希望するもののみを対象とし、個人の発病又はその重症化の防止を目的に実施する予防接種)であり、平成26年10月1日から定期接種となっています。

日本人の死亡原因として、第3位に「肺炎」があり、その症状は、発熱、悪寒、息切れ、たんを伴う咳、呼吸時の胸痛、疲労感などが挙げられます。肺炎の起因菌としては肺炎球菌が最も多く、肺炎球菌感染症を予防することで肺炎発症のリスクを軽減することができます。
高齢者用肺炎球菌予防接種は、肺炎球菌感染症でよく見られる23種類の肺炎球菌による肺炎を予防するもので、全ての肺炎を予防するわけではありません。

平成30年度の対象者

市原市民で過去に一度も肺炎球菌予防接種(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)をしたことがない方で次のいずれかに該当する方
(1)平成31年3月31日の時点で、次の年齢の方。
65歳 70歳 75歳 80歳 85歳 90歳 95歳 100歳 
(2)60歳から65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害や、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方。(概ね、身体障害者障害程度等級1級に相当)

上記年齢に該当せず、過去に一度も肺炎球菌予防接種(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)をしたことがない満65歳以上の方は「市原市任意高齢者用肺炎球菌予防接種事業」での接種が可能です。

接種方法

市内協力医療機関で接種する。(個別接種)
協力医療機関によって予約が必要となる場合がありますので、事前にご確認ください。

接種期間

平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

実施場所

費用

4,000円
生活保護世帯(中国残留邦人等支援給付受給者を含む)、市県民税非課税世帯の方は下記証明書を持参すると無料になります。

接種に必要なもの

  • 健康保険証(年齢、住所がわかるもの)
  • 自己負担金:4,000円(生活保護世帯及び市県民税非課税世帯の方は無料)
  • 下記の(1)から(4)のいずれかの証明書のコピー(生活保護世帯及び市県民税非課税世帯の方のみ)

(1)平成30年度介護保険料額決定通知書(7月ごろに高齢者支援課から通知されます。通知が届く前に接種を希望する方は平成29年度の通知書で可)
注記:保険料段階が、第1、第2、第3段階の場合非課税世帯に該当します。他の段階の方は、非課税世帯に該当しません。
(2)介護保険負担限度額認定証
注記:介護サービスを利用されている市県民税非課税世帯の方で、申請し認定を受けた方に発行されます。
(3)世帯全員分の市県民税(所得・課税)証明書
注記:世帯全員が非課税であることが記載されたもの
(4)生活保護受給証明書(中国残留邦人等支援給付受給者の本人確認証)

  • 身体障害者手帳一級または診断書のコピー(60歳以上65歳未満の方のみ)

予診票

定期対象者の方には、5月に個別通知しました。郵送された書類一式をお持ちください。
任意対象者の方は、申し込みが必要になります。

備考(注意事項など)

  • 予防接種を受けるにあたっての注意事項について
  • 市内協力医療機関で接種を受けられない方が、千葉県内で接種を希望されている場合は千葉県内相互乗り入れ制度(登録医療機関)で接種を受けることができます。希望する方は保健センターへお問合せください。
  • 特別の事情(長期療養、施設入所など)により、県外での接種を希望する方は保健センターへお問合せください。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)による所得控除を申告される方へ

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間にスイッチOTC医療品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、従来の医療費控除とは別の新たな所得控除であり、同時に利用することはできません。
一定の取組とは、検診や予防接種を受けることです。具体的には、市原市が実施する特定健診やがん検診、定期高齢者用肺炎球菌予防接種及び高齢者インフルエンザ予防接種が該当します。その適用を受けるためには税務署で確定申告を行う必要があり、取組を行った証明書(領収書、予防接種済証、検診の結果通知書等)の提出が必要となりますので、保管をお願いします。詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。
厚生労働省ホームページはこちら

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

保健福祉部 保健センター
市原市更級5丁目1番地27
電話:0436-23-1187 ファクス:0436-23-1295

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る