このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

B型肝炎予防接種

更新日:2018年9月5日

9月現在、全国的にB型肝炎ワクチンの不足が発生しております。接種を希望される方は事前に医療機関に確認してください。

B型肝炎とは

B型肝炎ウイルスがヒトの肝臓に一過性または持続性に感染する感染症です。持続感染の多くは出生時または乳幼児期の感染で成立することが知られており、そのうちの10%~15%は感染から年月を経て慢性肝炎を発症し、その後、肝硬変・肝細胞がんを発症することがあります。感染は主にB型肝炎ウイルスを含む血液あるいは体液との直接の接触によって生じます。小児では、B型肝炎ウイルスの集団感染や家族内感染などの水平感染が日常生活の中で起こっている可能性があるとみられています。

ワクチンについて

組換え沈降B型肝炎ワクチン(酵母由来)は、組換えDNA技術を応用して産生されたB型肝炎ワクチンです。母子感染予防や針刺し事故、水平感染予防にも使用されます。不活化ワクチンであり、基礎免疫をつけるには一定間隔で3回の接種が必要になります。

副反応について

局所の副反応:発赤、はれ、しこり、疼痛
全身の副反応:発熱、倦怠感

接種時期及び回数、間隔

対象年齢

標準接種年齢 接種回数 接種間隔の注意事項

1歳未満

生後2か月~
9か月未満

3回

1回目から中27日(4週)以上の間隔で2回目を接種
1回目から中139日(20週)以上の間隔で3回目を接種

注記1:母子感染予防のため出生直後から健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与を受けた方は、定期接種の対象とはなりません。
注記2:すでに任意(自費)で接種した回数も含めて3回の接種です。

お問い合わせ先

保健福祉部 保健センター
市原市更級5丁目1番地27
電話:0436-23-1187 ファクス:0436-23-1295

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る