このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

乳がん検診

更新日:2020年7月17日

検診の受け方

令和2年度検診申し込みは5月7日からです。※集団検診の日程予約受付は令和2年6月22日からです。

現在、乳がんの治療中および医療機関において経過観察中の方、豊胸術を受けた方は、受診できません。なお、乳首のまわりにただれがある、ひきつれやくぼみがある、乳房にしこりがある等自覚症状のある方は、市の検診を待つことなく、早めに医療機関で受診してください。

年齢により受けられる検診の内容が変わります。

年齢別による受診可能な検診一覧表(4月1日時点での年齢)

年齢・検査の種類 マンモグラフィ検査 超音波検査
(集団) (個別) (集団) (個別)

30歳から39歳
(集団か個別を選択)

× ×

○(記号A)

○(記号D)

40歳以上で偶数年齢
(集団か個別を選択)

○(記号B)

○(記号C)

× ×

41歳以上で奇数年齢
(個別のみ)

×

× ×

○(記号E)

記号A
名称 乳がん検診(30歳代女性・集団)記号A
内容 超音波検査
対象者 令和2年4月1日現在で30歳から39歳の女性市民
自己負担金 500円
検診実施場所

保健センターや公民館など

受診券申込み方法 保健センターの検診申込専用電話に申込むこちら
受診券申込受付期間

令和2年5月7日~令和2年12月21日
※集団検診は完全予約制です。日程予約受付は令和2年6月22日からです。

日程 こちら(PDF:70KB)
受付 保健センターで集団検診を予約された日時に会場へお越しください。
持ち物

市の発行する受診券(バーコードシール付の用紙)と同封の受診票、自己負担金、筆記用具

検診結果 1か月程度で結果を郵送します。
注意事項

(1)次の方は検診をご利用になれません。
・職場、家族検診等で同等の検診を受ける機会がある方。
・国民健康保険短期人間ドックで同じ検査項目を受診される方。
・現在、乳房の病気で治療中および医療機関において経過観察中の方は、受診できません。
・乳房の症状(乳首のまわりにただれがある、ひきつれやくぼみがある、乳房にしこりがある等)がある方は市の検診を待つことなく早めに医療機関で受診してください。
・豊胸手術を受けたことがある方は、より詳しい検査が必要ですので、受けられません。
(2)集団(A)と個別(D)のどちらか一方の受診となります。

新型コロナウイルスの感染予防対策について

・各日とも受診可能人数に制限があります。
・2週間以内に、本人または同居の家族等が海外渡航された方は検診を控えてください。
・本人または同居の家族等に、新型コロナウイルス感染症の患者やその疑いのある患者と濃厚接触した恐れのある方は検診を控えてください。
・集団検診の予約をしたうえで、当日は事前に検温をして、必ずマスク着用のうえ会場にお越しください。
・予約されていない方、検温をされていない方、コロナウイルス感染症が疑われる症状がある方は、検診を受けることができませんのでご了承ください。
・密集や長時間の滞在を避けるため、更衣のできる人数が制限されます。検診当日は検診車に乗車後、すぐに検診を受けられるような服装でお越しください。
・検診中の衣類を入れる袋、筆記用具をご持参ください。

問診終了後、緑色のラインの入ったバスの車内で検診をお受けください。

超音波(エコー)検査とは、音波を利用して乳房全体をみる検査です。

検査は、左右それぞれに超音波(エコー)用のゼリーを使用して、乳房全体を検査します。受診者の方はベッドの上にあおむけになっていただきます。

記号B
名称 乳がん検診(40歳以上女性・集団)記号B
内容 マンモグラフィ検査
対象者

令和2年4月1日現在で40歳以上の偶数年齢の女性市民

自己負担金 500円
検診実施場所

保健センターや公民館など

受診券申込み方法 保健センターの検診申込専用電話に申込むこちら
受診券申込受付期間

令和2年5月7日~令和2年12月21日
※集団検診は完全予約制です。日程予約受付は令和2年6月22日からです。

日程

こちら(PDF:82KB)

受付 保健センターで集団検診を予約された日時に会場へお越しください。
持ち物

市の発行する受診券(バーコードシール付の用紙)と同封された受診票、自己負担金、筆記用具
※マンモグラフィ検診時の身支度について(PDF:327KB)
※マンモグラフィ検診時の事前準備について(PDF:311KB)

検診結果 1か月程度で結果を郵送します。
注意事項

(1)次の方は検診をご利用になれません。
・職場、家族検診等で検診を受ける機会がある方。
・国民健康保険短期人間ドック、後期高齢者短期人間ドック(はつらつ短期人間ドック)で同じ検査項目を受診される方。
・現在、乳房の病気で治療中および医療機関において経過観察中の方は、受診できません。
・乳房の症状(乳首のまわりにただれがある、ひきつれやくぼみがある、乳房にしこりがある等)がある方は市の検診を待つことなく早めに医療機関で受診してください。
・豊胸手術を受けたことがある方は、より詳しい検査が必要ですので、受けられません。
・妊娠している方又はその可能性がある方は受けられません。
・胸部の手術をされた方(ペースメーカー・水頭症シャントチューブ・ポート等を挿入している方)は主治医と相談の上、保健センターにご連絡ください。
(2)集団(B)と個別(C)のどちらか一方の受診となります。
(3)40歳代の方は左右2方向を撮影、50歳以上の方は従来通り左右1方向を撮影します。

新型コロナウイルスの感染予防対策について

・各日とも受診可能人数に制限があります。
・2週間以内に、本人または同居の家族等が海外渡航された方は検診を控えてください。
・本人または同居の家族等に、新型コロナウイルス感染症の患者やその疑いのある患者と濃厚接触した恐れのある方は検診を控えてください。
・集団検診の予約をしたうえで、当日は事前に検温をして、必ずマスク着用のうえ会場にお越しください。
・予約されていない方、検温をされていない方、コロナウイルス感染症が疑われる症状がある方は、検診を受けることができませんのでご了承ください。
・密集や長時間の滞在を避けるため、更衣のできる人数が制限されます。検診当日は検診車に乗車後、すぐに検診を受けられるような服装でお越しください。
・検診中の衣類を入れる袋、筆記用具をご持参ください。

問診終了後、ピンク色のラインの入ったバスの車内で検診をお受けください。

レントゲンは40歳代の方は左右2方向を撮影、50歳以上の方は左右1方向を各一枚ずつ撮影します。乳房をレントゲン装置にはさんで圧迫し奥の方まで写します。この圧迫は多少痛みを伴いますが、乳房を薄くすることでより鮮明に撮影することができ、良い写真を撮るために大切なことです。

記号C
名称 乳がん検診(40歳以上女性・個別)記号C
内容 マンモグラフィ検査
対象者 令和2年4月1日現在40歳以上の偶数年齢の女性市民
自己負担金 800円
検診実施場所 こちら(PDF:183KB)
受診券申込み方法 保健センターの検診申込専用電話に申込むこちら
受診券申込受付期間

令和2年5月7日~令和2年12月21日

検診実施期間

令和2年6月~令和3年1月

受付 市の発行する受診券を受け取った後、直接医療機関にご予約ください。
持ち物

市の発行する受診券(バーコードシール付の用紙)、健康保険証、自己負担金

検診結果 受診した医療機関で聞いてください。
注意事項

(1)次の方は検診をご利用になれません。
・職場、家族検診等で同等の検診を受ける機会がある方。
・国民健康保険短期人間ドック、後期高齢者短期人間ドック(はつらつ短期人間ドック)で同じ検査項目を受診される方。
・現在、乳房の病気で治療中および医療機関において経過観察中の方は、受診できません。
・乳房の症状(乳首のまわりにただれがある、ひきつれやくぼみがある、乳房にしこりがある等)がある方は市の検診を待つことなく早めに医療機関で受診してください。
・豊胸手術を受けたことがある方は、より詳しい検査が必要ですので、受けられません。
・妊娠している方又はその可能性がある方は受けられません。
・胸部の手術をされた方(ペースメーカー・水頭症シャントチューブ・ポート等を挿入している方)は主治医と相談の上、保健センターにご連絡ください。
(2)集団(B)と個別(C)のどちらか一方の受診となります。
(3)40歳代の方は左右2方向を撮影、50歳以上の方は従来通り左右1方向を撮影します。

記号D
名称 乳がん検診(30歳代女性・個別)記号D
内容 超音波検査
対象者 令和2年4月1日現在30歳から39歳の女性市民
自己負担金 600円
検診実施場所

こちら(PDF:183KB)

受診券申込み方法 保健センターの検診申込専用電話に申込むこちら
受診券申込受付期間

令和2年5月7日~令和2年12月21日

検診実施期間

令和2年6月~令和3年1月

受付 市の発行する受診券を受け取った後、直接医療機関にご予約ください。
持ち物

市の発行する受診券(バーコードシール付の用紙)、健康保険証、自己負担金

検診結果 受診した医療機関で聞いてください。
注意事項

(1)次の方は検診をご利用になれません。
・職場、家族検診等で同等の検診を受ける機会がある方。
・国民健康保険短期人間ドックで同じ検査項目を受診される方。
・現在、乳房の病気で治療中および医療機関において経過観察中の方は、受診できません。
・乳房の症状(乳首のまわりにただれがある、ひきつれやくぼみがある、乳房にしこりがある等)がある方は市の検診を待つことなく早めに医療機関で受診してください。
・豊胸手術を受けたことがある方は、より詳しい検査が必要ですので、受けられません。
(2)集団(A)と個別(D)のどちらか一方の受診となります。

記号E
名称 乳がん検診(41歳以上女性・個別)記号E
内容 超音波検査
対象者 令和2年4月1日現在41歳以上の奇数年齢の女性市民
自己負担金 600円
検診実施場所 こちら(PDF:183KB)
受診券申込み方法 保健センターの検診申込専用電話に申込むこちら
受診券申込受付期間

令和2年5月7日~令和2年12月21日

検診実施期間

令和2年6月~令和3年1月

受付 市の発行する受診券を受け取った後、直接医療機関にご予約ください。
持ち物

市の発行する受診券(バーコードシール付の用紙)、健康保険証、自己負担金

検診結果 受診した医療機関で聞いてください。
注意事項

(1)次の方は検診をご利用になれません。
・職場、家族検診等で同等の検診を受ける機会がある方。
・国民健康保険短期人間ドック、後期高齢者短期人間ドック(はつらつ短期人間ドック)で同じ検査項目を受診される方。
・現在、乳房の病気で治療中および医療機関において経過観察中の方は、受診できません。
・乳房の症状(乳首のまわりにただれがある、ひきつれやくぼみがある、乳房にしこりがある等)がある方は市の検診を待つことなく早めに医療機関で受診してください。
・豊胸手術を受けたことがある方は、より詳しい検査が必要ですので、受けられません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

保健福祉部 保健センター
市原市更級5丁目1番地27
電話:0436-23-1187 ファクス:0436-23-1295

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る