このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

いちはら里山クラブ

更新日:2017年7月22日

紹介

当クラブは1989年(平成元年)4月に発足した「市原市自然保護協議会」を母体とし、組織の名称変更や会員の減少、財政の窮迫などの紆余曲折を経ながらも、より良い自然環境づくりを目指して活動を継続し、今日に至っています。
活動場所に係る地権者との里山協定は、「千葉県里山の保全、整備及び活用の促進に関する条例」に基づき、適当である旨の認定を千葉県知事から受けています。
会員は臨海工業地帯に勤務した県外出身者が多く見受けられ里山活動とは別に郷土自慢などの交流の場ともなっています。

構成員

会員は61名で市原市内の在住会員が50名で、女性会員は17名です。
会員の平均年齢は62歳で、29歳から79歳まで幅広い会員構成となっていますが、60歳以上が75パーセントを占めており、充実した余生の過ごし方の一助に寄与しています。

スローガン

里山の保全活動を通じて、自然環境の保護につとめるとともに、会員相互の親睦を図ることに重点を置いている。一方、一般市民の環境保護活動の高揚に寄与すべく「一日里山活動体験」などを実施しています。

活動内容・活動場所

活動拠点は市原市内の5ケ所で雑木林、竹林、耕作放棄地、トンボ池、古墳群周辺の整備・維持保全などを年間50回程度行っています。
活動場所は
・古敷谷(約21,900平方メートル)・・・雑木林、杉林、休耕田、トンボ池、蓮池
・高坂(約7,200平方メートル)・・・竹林、古墳群
・天羽田(約8,300平方メートル)・・・雑木林
・立野・・・竹林

その他

里山保全活動の他「旬の山野草を楽しむ会」、「御宿海岸の清掃と磯遊び」を実施するとともに、「エコフェアいちはら」及び「エコメッセ2015inちば」に出展、「市原市民大学」の支援、「自然観察会・紅葉見学」、「正月飾り」作製などのイベントも楽しんでいます。
ご興味を戴ける方は一度遊びに来てください。

活動写真


集合写真


伐採した樹木で机を作成

リンク

新規ウインドウで開きます。いちはら里山クラブ公式ブログ(外部リンク)

お問い合わせ先

経済部 農林業振興課
市原市安須980番地
電話:0436-36-4187 ファクス:0436-36-5662

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る