このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

会計年度任用職員の募集

更新日:2021年1月1日

令和3年度会計年度任用職員の募集について

令和3年度に任用する会計年度任用職員を以下のとおり募集します。

選考方法

書類審査・個人面接(職種に応じて実技試験あり)

選考日程

1月下旬から2月上旬
※応募締め切り後、担当部署から詳しい日程をお知らせします。

募集職種

職種名をクリックすると募集している職種の仕事の内容や選考方法の詳細が確認できます。また、問合せ先として担当部署名および電話番号も記載していますので、ご不明な点がありましたら、そちらまでご連絡ください。
なお、時給については、それぞれ記載している範囲内で、学歴や職務経験により決定します。また、金額は令和2年度時点のものですので、変動することがあります。

申込方法

「会計年度任用職員任用申請書」に必要事項を記入し、 以下の期間中に人事課人事労務係まで郵送または窓口に提出してください。窓口に提出する場合は、土曜日、日曜日、国民の祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとします。
なお、申請書は以下からダウンロードできます。また、人事課窓口か支所で配布もしています。
【申込期間】
令和3年1月4日(月曜日)から22日(金曜日)まで
※郵送の場合は22日の消印有効
【郵送先】
総務部 人事課 人事労務係
〒290-8501 市原市国分寺台中央一丁目1番地1 市原市役所第2庁舎2階

合否の決定について

試験後、文書にて合否の決定通知を送付します。合格した場合、「会計年度任用職員候補者名簿」に登録されます。

名簿登録後について

「会計年度任用職員候補者名簿」の登録者の中から、各担当部署において試験時の成績等を考慮して、任用する人を選定し、その後必要書類等のご案内をします。なお、登録がされた場合でも、採用人数や勤務条件等の兼ね合いから、必ず採用されるとは限りませんので、ご了承ください。

令和2年度会計年度任用職員(一般事務)の募集について

会計年度任用職員の一般事務の登録を希望する方を随時募集しています。一般事務は、市役所の事務の補助を行う職種です。
(例:市民課におけるマイナンバー関係事務、窓口での申請書受付等)

登録期間

登録日から令和3年3月31日まで

勤務条件

・時給 987円~1040円 ※本市での職歴に応じて決定されます。
・勤務時間及び勤務日 任用する所属により異なります。
・交通費 距離と交通手段に応じて支給されます。
※その他手当、休暇等については下部の「会計年度任用職員制度について」を御覧ください。

申込方法

1 申請書の提出 以下の「会計年度任用職員任用申請書」をダウンロードして、人事課に窓口又は郵送により提出してください。
2 個人面接の実施
 人事課職員による10分程度の面接を行います。面接日については、個別に調整をいたしますので、申請書の提出を行う前に、人事課まで御連絡ください。
3 合否の決定
  概ね2週間以内に合否の決定通知を送付します。合格した場合、正式に会計年度任用職員(一般事務)の候補者名簿に登録されます。なお、登録がされた場合でも、必ず採用されるとは限りませんので、御了承ください。

登録後の流れ

 会計年度任用職員(一般事務)を必要としている所属から直接連絡が行き、勤務条件についての説明があります。その勤務条件で問題がなければ、実際の任用に向けた手続き(必要書類の提出等)の説明があります。
 なお、連絡をする候補者の選定については、各所属において勤務内容等に応じて行います。

会計年度任用職員とは

 これまでの臨時・嘱託職員は、教育、子育て等様々な分野で任用されており、本市におきましても市政の重要な担い手となってきました。しかし、臨時・嘱託職員は一部の手当等が支給されていないなど、常勤職員と比較して待遇面に差があるなどの課題がありました。
 このような課題を解決することを目的として、地方公務員法及び地方自治法の一部が改正され、令和2年4月1日から「会計年度任用職員制度」が始まりました。

会計年度任用職員制度について

報酬について

 会計年度任用職員の報酬は、全ての職が「時給」での支給となります。職種ごとに単価が決まっていますが、任用される方のこれまでの職務経験等により加算される場合があります。

手当について

 通勤手当や時間外手当等の手当相当額が支給されるほか、期末手当が支給されます。
≪期末手当について≫
1 支給対象者(下記を全て満たす方)
  ・年度内に任期が6月以上ある方
  ・1週間あたりの勤務時間が15時間30分以上の方
  ・基準日(6月1日、12月1日)に在籍している方。ただし、基準日前1か月以内に退職し、又は死亡した場合はこの要件を満たします。
2 支給額(令和3年1月時点)
  ・基準月額の2.6月分(6月:1.3月 12月:1.3月)
  ※基準月額は、期末手当算定期間の月額平均となりますが、任用期間の長さによって調整があります。また、在職期間によって、支給される割合が異なりますので、2.6月分が満額支給されるとは限りません。
 
≪通勤手当について≫
 通勤方法(自動車、バイク等)に応じた額を支給します。なお、公共交通機関を利用した場合は、実際の経路ではなく最も経済的かつ合理的な手段で計算した額となります。定期、ICカード及び回数券の利用で、1か月あたりの運賃相当額の上限額は55,000円となります。

休暇等について

(1)年次有給休暇 
  任期が6月以上ある方は任用時に勤務条件に応じた日数が付与されます。
  任期が6月未満の方は、連続した任期が6月以上となり一定の条件を満たした場合に付与されます。
(2)特別休暇
  忌引休暇や療養休暇等、一定の事由に該当する場合には特別休暇を取得することができます。 
 

募集・採用について

 会計年度任用職員の募集・採用は、原則として毎年度公募を行い、選考することとなります。

再度の任用について

 会計年度任用職員の募集・採用は、原則、毎年度公募を行いますが、会計年度任用職員として採用された後、その勤務実績が良好であった場合で、次年度に継続して勤務する希望のある方は、公募によらず2回まで任用されることが可能となります。(公募によらず、最長3年間任用されることがあります。)

任期について

 会計年度任用職員の1回の任期は最長1年です。任期が会計年度(4月1日から翌年3月31日まで)の期間より短い場合は、同一職種であれば年度内でその任期を更新することが可能です。(選考は不要となります。ただし、他職種を希望する場合は、選考が必要となります。)

社会保険等について

 健康保険、厚生年金保険及び雇用保険は、健康保険法(大正11年法律第70号)、厚生年金保険法(昭和29年法律第115号)及び雇用保険法(昭和49年法律第116号)に定めるところにより、必要な要件を満たした場合に加入します。

会計年度任用職員の服務

 会計年度任用職員は、常勤職員と同様に地方公務員法上の「服務に関する規定」が適用されることとなり、違反した場合は、常勤職員と同様、「懲戒処分」の対象となります。
 ≪服務に関する規定の内容≫
  ・服務の宣誓
  ・法令等及び上司の職務上の命令に従う義務
  ・信用失墜行為の禁止
  ・守秘義務
  ・職務専念義務
  ・政治的行為の制限
  ・争議行為等の禁止

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

総務部 人事課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-7246 ファクス:0436-21-1720

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る