このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

子育て世帯が安心して暮らせるまちへ

更新日:2019年9月26日

親世帯の近くで家族で支え合って暮らしたいという子育て世帯を応援する、新たな制度を令和元年10月1日から開始します。

いちはら三世代ファミリー定住応援事業

この事業では、子育て世帯が市内で住宅を取得するとき、その親世帯が市内在住の場合に、住宅取得費用の一部を補助します。

お知らせ

今年度の補助金の受付を次のとおり開始します。
はじめに、ご利用ガイドをお読みください。
制度内容や必要書類についてご案内させていただくため、市役所へ事前相談にお越しくださいますようお願いいたします。

ご利用ガイドの記載内容を一部更新いたしました。制度や手続きに変更はありません。

事前相談

令和元年9月17日(火)午前9時から

申請受付

令和元年10月1日(火)午前9時から

申請書類は、このページ下部からダウンロード可能です。
住民票や納税に関する証明など、一部の添付書類は市役所や支所等で発行していただく必要があります。

受付窓口

市原市役所 地方創生推進室
市原市国分寺台中央1-1-1 市役所第2庁舎2階
電話0436-23-7244
事前相談・申請窓口の受付時間帯予約をお電話にて承ります。
なお、当日の窓口状況により実際の受付時間が変動する場合がありますのであらかじめご了承ください。

補助対象要件

主な要件は次のとおり(全て満たすことが必要です)

  1. 子育て世帯が市内で新たに住宅を取得(新築または購入)する。
  2. 子育て世帯に中学生以下の子どもがいる。
  3. 親世帯が1年間以上市内に居住している。
  4. 子育て世帯・親世帯ともに市町村税の滞納がない。
  5. 本制度の利用後、申請時の補助区分を満たす居住状態で、子育て世帯・親世帯ともに3年以上継続して市内に居住する。
  6. 居住する建物の登記と住民票の異動を、平成31年4月1日以降に完了している。

補助対象経費

住宅の取得(新築・購入)に要する費用

申請期間

令和元年10月1日(火曜日)~令和2年3月31日(火曜日)(事前相談は9月17日(火曜日)から受け付け開始)

補助額

1市内在住で市内に新居
(1)子育て世帯と親世帯の住宅の直線距離が2キロ超・・・30万円
(2)子育て世帯と親世帯の住宅の直線距離が2キロ以内・・・50万円
2市外転入で市内に新居
(3)子育て世帯と親世帯の住宅の直線距離が2キロ超・・・80万円
(4)子育て世帯と親世帯の住宅の直線距離が2キロ以内・・・100万円

その他

住宅支援機構との連携により、本補助の利用者は住宅ローン「フラット35子育て支援型・地域活性化型」の金利優遇措置が受けられます。
必ず、契約前に事前相談をお願いいたします。

申請に必要な書類

  1. 子育て世帯・親世帯全員の住民票の写し
  2. 戸籍全部事項証明書
  3. 子を妊娠中の場合、母子手帳
  4. 子育て世帯・親世帯全員の市町村税の滞納のない証明書
  5. 住宅の登記事項証明書
  6. 住宅の位置図・床面積のわかる竣工図・親世帯の住宅の位置及び直線距離を示した図面
  7. 住宅取得に係る領収証
  8. 住宅の契約書
  9. 同意書(継続居住を確認するため住基調査を行う同意)
  10. 誓約書(3年間の継続居住を行う誓約等)

書類のダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

企画部 総合計画課地方創生推進室
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-7244 ファクス:0436-21-1720

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る